不品行

「不品行の末に」コリント人への手紙第一5章9-13節

不品行が戒められる以上に、信仰生活の完成として目指すものがある。それは、新しくされた自分を生き、その歩みを全うすること。