「なぜ勉強するのか?」という質問に私の答え

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

Print

読者の関心でわりと多いのが、子育てについてのようです。

ただ、私自身は子育てについて、何も書けるようなことがないので、
あまり積極的に記事にはしてきませんでした。

それでも、たまに書いてみようかな、ということで、今日の記事です。

聞かれると困る質問

親にとって、子どもから聞かれると、はたと困ってしまう質問がありますよね。

「なんで勉強しなければいけないの?」
という質問も、まさにそのひとつです。

いろんな答えがあって、とても参考になります。

http://up-to-you.me/article/996

私も、ちょっと答えを考えてみました。

勉強は、1を10にする、一番確実な方法

勉強は、1を10にしてくれる可能性をもっています。
いろんなことを知って、自分の中に貯えておくと、
これから目にしたり、耳にしたり、手にしたりするものを
10倍効果的に活かすことができるようになります。

  • 1つのことばを聞いて10の知識を得ることができる
  • 1人の友だちによって10人の仲間ができる
  • 1つのものによって10のものを手に入れることができる
  • 1つの経験によって10の経験則を手に入れることができる
  • 1人の心を理解することによって10人の人生を理解することができる
  • 1を伝えることによって10のことを理解してもらうことができる
  • 1のヒントから10の答えを導き出すことができる
  • 1の苦労から10の知恵を自分のものにすることができる
  • 1年努力して10年分の結果を得ることができる
  • 1の幸せで10の幸せを味わうことができるため

だから、勉強したほうがいいんだよね。

 

中澤信幸(@nobun)は、勉強が嫌いですが、
効率がいいほうがいいので、損得を考えて勉強してきました。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です