中澤信幸のプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「きょうもいい人」を読んでくださり、ありがとうございます。
このブログを書いている中澤信幸が自己紹介をします。

あなたの幸せはどこにありますか?

わたしの名前は、中澤信幸です。「なかざわのぶゆき」と読みます。
自称、5つの幸せをもつ男です。

信幸という名前に1つめの幸せがあります。
「見ずに信じる者は幸いです」(ヨハネ20:29)という聖書のことばに由来します。

中澤の澤の字にあと4つ幸せが隠れています。さんずいに4つの幸せです。

あなたの幸せはどこにありますか?
それをいっしょに見つけたいと願っています。
わたしのモットーは「いつだってあなたのために」です。

 

あのとき、人の役に立つ生き方を決意した

今でもよく覚えている出来事があります。
大学生のときに、友人が自分の悩みを打ち明けてくれたときのことです。

わたしは牧師の家庭で生まれ育ったクリスチャンでしたので、
何か気の利いたことばで励まさなくては、と思いました。

でも、ふさわしいことばが見つからず、
しどろもどろに一言ふたこと話すのが精一杯でした。
せっかく打ち明けてくれた友人に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そのとき、わたしは決めたのです。

自分の存在が人の役に立つ、助けになる。
そういう歩みをしよう、それが、わたしの一番の幸せなんだ、と。

 

自分もみんなも幸せになれるはず

いま、わたしはキリスト教の牧師をしています。
あのときの、人のために生きる決意は今も変わっていません。

聖書のエッセンスが、みんなが幸せに生きる助けになる、と信じて、
いろんなかたちで伝えています。
インターネットでの情報発信はライフワークになりました。
ブログも、ポッドキャストも、メールマガジンもその一環です。

リーダーたちのためには、コーチングを提供しています。
特に、非営利組織のリーダーや社会起業をする方を応援しています。

わたしにできることは小さなことです。
それでも、精一杯、できることを続けていきます。

自分もみんなも幸せになる、
誰もがそういう生き方をする日がくる、と夢見ているからです。

 

中澤信幸のプロフィール

120文字バージョン
大野キリスト教会牧師、ビジネス・コーチ。学生のときに経験した人助けできない無力感をバネに、人の役に立つ生き方を志す。モットーは「いつだってあなたのために」ブログ、ポッドキャストでの情報発信をライフワークにし、自分もみんなも幸せになる生き方を提唱し続けている。
200文字バージョン
大野キリスト教会牧師、ビジネス・コーチ。学生のとき、友人の助けになれなかった苦い経験をバネに、生涯かけて人の役に立つ生き方を志すようになった。名前の中に5つの幸せをもつ男。すべての人の人生に幸せを見つけることを願う。モットーは「いつだってあなたのために」ブログ、ポッドキャストでの情報発信をライフワークにし、自分もみんなも幸せになる生き方を提唱し続けている。NPOのリーダー、社会起業家に対するコーチングにも定評がある。
400文字バージョン
1972年キリスト教牧師の家庭に生まれる。少年時代、「給食といえばなかざわクン」と学級新聞の見出しを飾った。ブルーハーツにあこがれた思春期を過ごす。大学時代、友人の助けになれなかった苦い経験によって、生涯かけて人の役に立つように生きることを志すようになる。卒業後、牧師になる学びのために、米国ロス郊外の神学校へ進学。在学中に結婚。長いハネムーンのような神学校生活を送り、要領よく学位を取得して帰国。その後、クロスロードバプテスト教会を経て、現職大野キリスト教会牧師。
名前の中に5つの幸せをもつ男。すべての人が自分の人生に幸せを見つけられるように願う。モットーは「いつだってあなたのために」ブログ「きょうもいい人」、ポッドキャストでの情報発信をライフワークにし、自分もみんなも幸せになる生き方を提唱し続けている。NPOのリーダー、社会起業家に対してコーチングを提供し、さまざまな働きを陰で支えている。

中澤信幸の略歴

中澤信幸 (なかざわのぶゆき)

1972年(昭和47年)8月3日 神奈川県相模原市生まれ
相模原市立鶴の台小学校卒
相模原市立新町中学校卒
神奈川県立相模原高等学校卒
慶應義塾大学総合政策学部卒
Fuller Theological Seminary卒 (M. Div. 取得)

現在、日本バプテスト教会連合 大野キリスト教会 牧師

著作に「まったく初めてのキリスト教」「まったく0からの信仰生活」
「まったく当たり前の教会生活」(いずれもライフ21シリーズ)などがある。

妻と長男の三人家族。

連絡先は大野キリスト教会。
以下、各種SNSアカウント。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加