あのそれ011 牧師さんを一週間やめてみてわかった7つのこと

中澤信幸がクリスチャンの仲間たちにお話する番組「あのさぁ、それでね」
略して、あのそれ、です。

第11回目、夏休み明けの放送をお送りします。

牧会生活15年目にして初めて、
日曜日をまたいで夏休みをとりました。

その経験からわかった7つのことを紹介しています。

  1. わたしには牧師としての(不要な)プライドがある
  2. 毎日けっこう仕事のことを考えながら生活している
  3. 牧師はいてもいなくてもいい、くらいがちょうどいい
  4. 牧師さんには、牧師さん以外の顔もある
  5. 教会の人は牧師さんに休んでほしいと思っている
  6. 長期の休みには、それなりの計画が必要
  7. 休まない生活にもどる誘惑はたくさんある
Subscribe to

あのさぁ、それでね

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です