2016年は「効率的な利他主義」元年になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます、中澤信幸(@nobun)です。

2016年がいよいよ始まりました。
今年はずばり、「利他主義」が重要なキーワードになる、
と個人的に、勝手に、希望的に、予測します。

「利他主義」とは、他人のために生きること

あまり聞き慣れないことばですが、
利己主義の反義語として利他主義といわれます。
英語でいうと、altruismというそうです。

利他主義とは、他人のために自分が犠牲を払って行動する、
そういう行動様式、生き方、信念、主義のことです。

すでに海外では、いままでの利他主義と少し違う、
ニュータイプな利他主義が台頭してきています。
このへんのことは、またあらためて記事にする予定です。

ずばり、今年2016年、
利他主義が日本でも注目され、一大ムーブメントになる、
というのが、私の希望であり、予測です。

 

日本でも「利他主義」のための準備は整っている

ざっと考えてみても、日本を舞台にして、
利他主義が広まる要素がいくつか整ってきています。

たとえば、企業が社会貢献をするのは常識になってきましたし、
ここ数年では、若い世代からも社会起業をする人が現れ、
社会的にもだいぶ認知されるようになってきました。

社会起業を支えるインフラのクラウドファンディングも、
安定して運用がなされるようになってきました。

昨年の後半には、ビル・ゲイツが来日して、
利他主義的な生き方の普及のために講演したり、
海外の利他主義関連の本がいくつか翻訳されました。

 

 

個人的にも、非常に関心のある分野ですので、
これから情報収集、まとめ、情報発信を続けていきたいと思います。

 

興味のある方は、時々ブログをのぞきに来てください。
こういうことが知りたい、というリクエストがあれば、がんばって調べます。

 

新年のあいさつにかえて、ちょっと大胆に予測を書いてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. 中澤弘之 より:

    「他人のために自分が犠牲を払って行動するそういう行動様式」
    この行動があからさまに感じられると、興ざめです。やっぱり謙遜な心で行いたいものです。

    • nobu より:

      弘之さん、コメントありがとうございます。
      今年もどうぞよろしくお願いします。

      そうなんです、まさにその謙遜な心で行ってきたのが、これまでの利他主義。
      聖書でいうと、右の手がしていることを左の手に知らせるな、というやつですね。

      でも、ニュータイプの利他主義はあけっぴろげで、
      非常に合理的で、これでもかというぐらい潔いです。

      なぜ彼(女)らがそういうふうに生きるのか、
      興味をもって調べていきたいと思います。

      もしよろしければ、お付き合いください。