新年礼拝メッセージ 「正しく日を数えながら」

coverart

メッセージタイトル
「正しく日を数えながら」

聖書箇所 詩篇90篇10-12節

[note]

  • 日数を正しく数えるとは、歳相応の振る舞いをすること以上のこと。
    与えられている一日の意味を知ること、それを100%生きること。
  • 与えられている70年、80年の歩みは、神の定めた120年の齢に満ちない、残念な歩み。
    と同時に、一息で終わってもしかたないのに、あわれみのゆえに備えられた歩み。
  • 正しい祈りを覚えるとは、正しいことば使いや表現を覚えることではなく、祈りつつどう生きるかを知り、身に付けること。
  • 本来の歩みは、神からしか与えられえない、という自覚。
    あわれみによって与えられたものを受け取った責任。
  • 人類が経験するもっとも長い距離は、頭と心の間の50cm。
    こう歩まなければという知識と、こう歩みたいという心が統合する歩みを求めたい。
  • わたしの歩む現実に、神さまをお招きして、ともに歩むこと。
  • まちがっているのがやっかいなのは、本人はまちがっていると思っていないこと。
  • まちがいの中には笑って許せるものと、本質的で笑えないものとある。
  • 自分の日数を正しく数えることを教えてください。
    知恵の心を得させてください。

[/note]

礼拝メッセージ(Podcast対応)にて、 過去のメッセージを保存しています。

Subscribe to

礼拝説教と聖書メッセージ〜音声ポッドキャスト毎週更新

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください