0021 大丈夫じゃなかったと気がつくのは結局あとから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

 

2017年2月27日月曜日、第21回目の放送です。

 

ささいな不注意で、指先をやけどしてしまいました。
自分で考えてみても、バカだなぁ、と思います。
そのときは、こうなると思わなかったんだよなぁ。

今日は、そんなお話しです。

 

 

  • 右手の薬指の先をやけどしてしまった!
  • 「大丈夫!」じゃなかった。
  • 防ごうと思えば、かんたんに防げたことなのに
  • 教訓は、かんたんに大丈夫と思わないこと
  • 大丈夫と思っていることの中で、もしかしたらダメかも、ということがありますか?

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. こはる日和 より:

    本当にちょっと注意をすれば防げたのに・・・ってこと多いですよね。
    そして、物事を甘くみていると、思っていたよりも事は重大!!
    ってこともよくあります(涙)

    先生、お大事に!!

    • こはる日和さん、ありがとうございます。

      そうなんですよね、あとの祭り、ということが多くて。
      もうちょっと想像力があって、先のことを見通せればいいんですけど。

      やけどもすっかりよくなってしまったので、また繰り返すんだろうなぁ。

  2. 弘之 より:

    ヒ!ヒ!ヒ・・こういうことよくやるんだよね。
    今日も「ゆうのば」になってしまったから、明日は些細なことにも気をつけよう!

    • 弘之さん、ありがとうございます。

      ゆうのばならゆうのばでいいですよね。
      生活のどこかにリズムとして定着してくれたら、すごくうれしいです。