0091 人の注意を惹きつけるには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年6月12日月曜日、第91回目の放送です。

人の注意を引きつけたかったら、どうしたらいいのでしょうか。「点滅」のイメージをふくらませてお話します。

2017年6月12日月曜日、第91回目の放送、お相手は中澤信幸です。

注意を促すための点滅

自転車のライトが点滅しているのを見て、あれと思ったことがありました。私が小さい頃から自転車のライトというのは、点滅しないのが常識でした。タイヤのところに、電気の部分が接触して、ぐるぐる回って電気がつく。早く走ると光が強くなり、遅く走ると光が弱くなる。でも、この頃は電池なんでしょうか。あるいは充電池かなにかで、昼の光で充電し、夜に光るのかな。あと、LEDですよね。それで、ピカーピカーと光る自転車のライト。あっ、自転車だ、というのがよくわかります。

あとは、歩行者用の信号も点滅しますよね。緑色の信号が点滅し始めると、止まったり、あっ、そんなことは殆どないな。急げ、と思って走って渡ったり。

大声で叫ぶよりも

注意を促すのに、点滅って有効なんだな、と気が付きました。何もなかったところに、電気がつくと、注意が惹きつけられる、ってことですよね。私なんか単純ですから、注意を惹き付けようとしたら、光を強くすれば、みんながこっちをちゃんと見るんじゃないか、と思っちゃうんですよね。でも、かえって目をそらされるかもしれませんね。

大声で叫んで注意をひくよりは、指をさしていう感じのイメージですよね。やさしく注意を喚起するほうがいいんだろうな。オフィスなんかにも、貼り紙とかありませんか?何年も貼ってあって、誰も気にしていないような。もちろん、毎日貼ったり、剥がしたり、なんてことはできませんが、一言書き添えて、新しく貼ってみる、とか、効果的かもしれません。

気づきやすさへの配慮

結局は、受け取る側の気づきやすさに配慮する、問ういことなんですよね。伝えたい気持ちを優先するのではなくて、気づきやすさを優先する。毎日毎日の生活の中で、人にどういう風に声をかけている、少し考えて、取り組んでみたいと思います。

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする