0418 あなたは特別な人です、という気持ちを伝えるしかけ

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年9月26日水曜日、第418回目の放送です。

 

特別な人に、その気持ちを伝えるためのしかけの話です。

 

 

カバンから取り出した一冊

先日、お客さんが来てくださいました。雨の日でしたけれども、わざわざ来て下さったんです。しばらくの間、とても楽しい、有益な話をすることができました。

その方が来てくださって、お話をしている間に、カバンの中から私の本を取り出したんですね。本には、びっしりと赤い線がラインマーカーで引いてありました。たくさんの付箋が貼ってありました。いかにも、本を読みこんできました、という感じでした。これには、びっくりしました。

よく、人と接するときのテクニックとして、その人の本を持って行きなさい、線を引いて、付箋をはって、読んでますよとアピールしなさい、と書いている本とかがあります。そういうことを、知ってはいました。なんか、そこまでやるのはいやらしい感じだな、と思っていました。

 

思いを伝える一工夫

ですが、実際に自分がそのことをされる側になった時には、これはびっくりする体験でした。もし、そのことが本当でないとしたら、見せかけだけのテクニックで読んでるぞアピールだとしたら、それはわかってしまいます。その人が、どれだけ私と本当に通じあえるか、少し話せばわかってしまうのです。あまりこの人は私のことをわかってないなと思う人が、真っ赤に線の引いてある本を取り出しても、仕込んできたんだな、とわかってしまいます。

今回のように、同じことを考えて、同じことを目指してるんだな、という方が、読み込んだ私の本を取り出して見せてくださると、それはもう、本当に嬉しいことですね。気持ちが伝わるんです。何よりも、気持ちがあることが大事で、その気持ちを効果的に表すしかけですよね。仕掛けをすれば、ない気持ちがあるように勝手に伝わるようなことはないのです。気持ちがあって、伝わるしかけ。

 

気持ちを伝えるためには

少し、応用編で考えてみましょう。「あなたは私にとって本当に特別です、ありがとうございます」という気持ちを伝えるために、どんな仕掛けがあるでしょうか。

例えば、その人からもらったもの、プレゼントを身につけていく。「見てください。これはあなたが私のために送ってくれたものです。こんなふうに、いつも大切にしていますよ。私にとってあなたは特別な人ですから」

あるいは、教えてもらったことの成果を披露する。先生や先輩が自分に教えてくれたことです。「見てください。先輩のおかげで、先生のおかげで、こういうことができるようになりました」「こんなふうにうまく作品ができるようになりました。あなたのおかげです」

一緒に撮った、昔の写真を持っていく。「あの時、こんなふうに関わってくれましたね。あなたは私にとって特別なんです」「私はこの写真を見ながら、いつも思い出して感謝しているんです、嬉しく思ってるんです」「見てください。懐かしいでしょ。私たちのはじまりがここにあるんですよね」

 

大切な人、私が特別だと思っている人に、その思いを形に表していく。そのためには、どんな仕掛けがいいと思いますか?ぜひ、あなたの大切な人に、気持ちを伝えための仕掛けを考えてみてください。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください