コーチング倫理規定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中澤信幸は、コーチングの提供にあたり、以下のことを約束します。

  • 私は、コーチングのプロセスまたはコーチとしての私から得られる成果について、意図的に欺いたり、不当な主張を行ったりしません。
  • 私は、自分のクライアントまたはスポンサーに対し、誤解を招く恐れがある情報やアドバイスを与えません。
  • 私は、自分のクライアントおよびスポンサーとの間で、明確に取り決めを行い、職業上のコーチングの関係で成立した全ての取り決めを尊重します。
  • 私は、最初のセッションか、それより前に、コーチングの本質、守秘義務の範囲、金銭条件、およびその他のコーチングの契約条件を確実に理解するようにします。
  • 私は、クライアントの宗教的、文化的背景を尊重し、クライアントの意志に反してそれを改めることを求めません。
  • 私は、私のクライアントとの物理的接触を決定する明確かつ適切で文化的に慎重な境界を引く責任を負います。
  • 私は、自分のクライアントと性的関係を持ちません。
  • 私は、クライアントがどの時点においてもコーチングを終了できる権利を尊重します。私は、クライアントが私とのコーチングから、これ以上得るものがないということを認識できるように気を配ります。
  • 私は、クライアントもしくはスポンサーが私以外のコーチまたは別の手段に頼ったほうがいいと思われる場合、クライアントにその変更を行うよう促します。
  • 私は、クライアントにとって適切または必要と判断される場合、コーチ以外の専門家の力を求めることを提案します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加