聖書で神が人の名前を変える意味って何ですか?

 

どうも、中澤信幸です。フ?リント

ときどき、読者の方から、質問を受けることがあります。

そんなときには、個別にお答えするよりも、
ブログに回答を掲載して、
同じような興味、関心、疑問をもっている方の助けに
なるようにしています。

 

今回は、聖書の中の「改名」について、質問をいただきました。

[help]聖書の中で、アブラムがアブラハムになり、
サライがサラになりました
よね。
神様は、なぜそんなことをなさるのでしょうか。
[/help]

そうですよね、不思議ですよね。とてもよい質問だと思います。

新しい名にこめられた神の思い

アブラムがアブラハムになった経緯は創世記17章に出てきます。
もともとのアブラムの名前の意味は「高貴なる父」です。
神が与えたアブラハムの名前の意味は「多くの国民の父」です。
神が、多くの子孫を増し加えると約束したことを受けての改名です。

サライがサラと呼ばれるようになった経緯も創世記17章に出てきます。
こちらは、名前の意味的に大きな変化はない、と言われています。
神がこれから与えようとしている歩みが、いままでの単純な延長ではなく、
さらにすばらしい歩みに導かれることゆえの改名でしょう。

神が人の歩みの全責任をもつ

アブラハムとサラの改名の件を見てみると

  • 神ご自身が改名するように命じている
  • 神が与える歩みを示唆する名前である
  • 人間の範囲を越える導きが備えられている

ということが理解できるでしょう。

つまり、神がわざわざ改名を命じる、ということは、
その後の人生について、神ご自身が絶対的な権威をもって導き、
そのすべてにおいて責任を持つ、という意思表示
だということができます。

新しい名前をいただいた人物たちも、神にある新しいアイデンティティーで、
生きていくようになりました。

 

私たちにとっては?

今のクリスチャンは、新しい名前に改名されることはありません。
でも、「キリストにある」という新しい名札をつけて、
生活の場に戻っていくことになります。

神は、キリストにあるあなたの歩みについても、
同じように導き、責任をもってくださっています。

 

あなたにとって、新しい歩みはどんな意味をもっていますか?

 

中澤信幸は、自分の信仰が明確になったとき、
いままでの自分の名前が新しい意味をもつようになった、と感じました。

 

こんなふうに質問にお答えすることもありますので、
素朴な疑問、聞いてみたいことなどを、気軽におよせください。

 

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください