人を助けるための10の方法

 

どうも、中澤信幸です。

422482

大切な人や、まわりの人が困っているのを見て、「助けてあげたい!」と
思いながらも、「どうやって助けたらよいか、わからない」ということがありませんか?

そんなときのヒントになれば、と人を助けるための10の方法を紹介します。

  1. お金をあげる
  2. ものを届ける
  3. 時間を提供する
  4. 助けてくれる人を紹介する
  5. 声をかけて励ます
  6. 気持ちを理解する
  7. あたたかく見守る
  8. どこがいけないか指摘する
  9. 解決方法を教える
  10. 同じことが起こらないように予防する

その他にも、たくさんできることがあるはずです。

あなたが思いつくことをコメントで教えて下さい。
人を助ける方法のリストがなが?くなって、
いつか、きっと誰かの役に立つことでしょう。

 

助ける方法の中には、お互いに正反対の行動も含まれています。
そのときによって、何が助けになるか、は変化するからです。

相手をよく思いやり、よく考えて、実行することが大切ですね。

人を助ける方法に正解はない。強いていうならば、よく思案を重ねたのなら、実際に助けることこそが唯一の正解である。 Click To Tweet

中澤信幸は、今日も誰かの助けになりたいと願っています。

あさっては何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください