2代目リーダーへの一問一答(6) 2代目と呼ばれるの嫌ではありませんか?

Devices

質問(6)
いつまでも2代目と呼ばれるのは嫌ではありませんか?

回答
わたしが2代目なのは事実ですから、別に気になりません。

2代目と言われるのが嫌だっていうのは、どういうことなのかなぁ。

たぶん、1代目のやってきたことの上にあぐらをかいて、
ろくに苦労もしないで、おいしいところばかり味わっている、
という軽蔑の意味合いを感じるからなんでしょうね。

1代目のしてきた苦労をしていないっていうのは、そのとおりです。

だからといって、2代目のする苦労をしているかといえば、
わたしに限って言えば、そういう苦労もしていません。
わたしは、それほど苦労していないんです。

苦労している、という自覚がないから、
なんと呼ばれてもしかたないよね、と受け止めているんでしょうね。

多くの2代目リーダーの方々は、たぶん苦労していると思いますよ。
それも、わかりにくい苦労なので、
理解されないと、苦労に苦労が重なってしまいますよね…

まわりの人ができることですか?
うーん、2代目とかじゃなくて、「今の」リーダーという目で見てあげると
いいんだろうと思います。

 

中澤信幸は、2代目リーダーを応援しています。
このテーマに関する質問など、気軽にお寄せください。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です