聖書メッセージ

成長メッセージ「ギデオン1」18年11月1週分

士師のひとりギデオンは、決して勇敢な人物ではありませんでした。臆病な信仰者を立ち上がらせたのは、神ご自身が確かな導きを明らかにしてくださったからです。

0439 イエス・キリストの十字架上のことば「わたしは渇く」

イエス・キリストは、十字架上で「わたしは渇く」と言葉を発した。肉体の苦しみに重ねて、人のあざけりと神との断絶による、極限の苦しみを表す言葉だった。

「福音とは?最も大切なこと」コリント人への手紙第一15章1-11節

福音とは、イエスが復活の主、キリストであり、この方によって神にある新しい歩みが与えられるのだ、というすばらしい良き知らせのこと。

成長メッセージ「相続地の割り当て」18年10月4週分

カレブは、約束の地の攻略を進言してから、45年間荒野での歩みに同行してきました。その間、主に従いとおす歩みは、変わることがありませんでした。結果として、約束の地の割り当てを受けることができました。

0434 あなたが死ぬとき、どんな人のつながりが残っていきますか

イエス・キリストは十字架の上で、母を弟子に託することばを残しました。お互いの関係を生み出し、よいつながりを残したのです。あなたは、自分の歩みをとおして、どんなつながりを生み、残すことになるでしょうか。

「いつまでも残る愛」コリント人への手紙第一13章1-13節

神から愛を受け、愛を宿し、愛をもたらす者として、生かされている。神の愛の現実の完成のときまで、その使命は終わることがない。

成長メッセージ「アイ攻略の失敗」18年10月3週分

ヨシュアに率いられた民は、聖絶のもののことで罪を犯していたため、アイを攻略することができなかった。神の思いは、ご自身の民を、聖なるものとして守ることにある。

0429 十字架上のイエス・キリストのことば「父よ。彼らをお赦しください」

イエス・キリストは十字架上で「父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか自分ではわからないのです」と語られました。人々のために苦悩を引き受ける神のしもべという自己理解に基づいてのことでした。

「大切な存在として」コリント人への手紙第一12章12-18節

ひとりひとりの違いは優劣で比べるものではない。からだの中の各器官と同じように、どれも尊く、違いが尊重されるべきである。

成長メッセージ「エリコ陥落」成長18年10月2週分

ヨシュアは、モーセやイスラエルの歩みを追体験しながら、信仰を持って、開かれた道を進んでいった。エリコの陥落は、信仰の民にとって、非常に象徴的な意味合いをもつようになっている。