一度に一人ずつ (歯医者さんをお手本に)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

 

私の本業は、キリスト教の牧師さんです。
日曜日に礼拝に来られた方々と挨拶するのも、
大切なお仕事のひとつです。

ところが、一人の方としゃべっていると、
その向こう側を数人の方が通り過ぎていきます。

本当はひとりひとりと挨拶をしたいのに…
一度にみんなとちゃんと関われる方法はないだろうか?

人を相手にお仕事をしている方で、
同じようなジレンマを感じている方いませんか?

583126

一人で多くの人をいっぺんに相手にする、といえば、
そのお手本になるのは、歯医者さんでしょう。

一人しか歯科医がいないのに、
治療台に3人も4人も座っている歯医者さん。

どうやっているのか、効率化しているか、といえば

  • 少し治療したら、次の人のところへ
  • 助手に任せられるところは任せて
  • 待ち時間が苦にならないようにテレビつけたり、雑誌置いたり
  • 「次に回ってきますからね」と途中で声をかけ
  • 戻ってきたらすぐ治療ができるように準備させておき

などなど、それなりの工夫があります。

 

でも、よく考えてみると、歯医者さんも、
治療するときには、一度に一人ずつ、なんですよね。

みんなをいっぺんに、という特殊技能や魔法はない。

あたりまえのことですが、もう一度心に刻みましょう。

大切なことだからこそ、一度に一人ずつ。 Click To Tweet

 

次は何の記事を書こうかなぁ~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする