coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年7月30日月曜日、第376回目の放送です。

 

お礼を伝えるときに心がけたいこと、お伝えします。

 

 

してあげてよかった!

先日、ある方に声をかけられました。こういう内容の本を探しているのだけれども、ということでした。「それだったら、ちょっと調べてみましょう」ということで、それにあう本を2冊、3冊選んで、貸してあげました。その後、しばらくしてから、その本を返しに来てくれました。「ありがとうございました」という言葉とともに、この本のおかげでこういう学びがありました、と伝えてくれました。私は、非常に嬉しく思ったんです。ありがとうございました、だけではなくて、それが自分にとってどんなふうに役に立ったかっていうことを伝えてくれたことが。私がしたことは、役に立ったんだな、と理解できました。

 

ありがとうの言葉に加えて

どんなふうにありがたかったのか、という部分は、おまけの情報です。ありがとうを伝える時に、どうしても伝えなくてはいけないことではありません。ありがとうという感謝の気持ちを伝えるのは、とても大事なことで、どうしてもしなければならないことです。でも、それが自分にとってどうだったか、ということまで加える必要は、必ずしもありません。

でも、そのことを伝えてもらったことが、私にとっては非常に良かったのです。してよかったな、と思える経験でした。またしてあげたいな、とも思いました。こんなふうに私のしたことが役に立つのであれば。

 

どんなふうにありがたかったのか

感謝の気持ちの伝え方が上手だったなぁ、と思います。ちょっとした心がけですね。相手に、そのことをして本当に良かったな、と思わせる、そういう感謝の仕方です。

コツは、自分にとって、どういう意味がありました、と伝えることにあります。あなたにとってそういう意味があったのなら、私もしてあげてよかった、と思えるからです。

 

おかげさまで、を加える

日本語には、このためにとても便利なことばがあります。お礼を伝えるときに、意味を加えることを促してくれます。「お陰様で」という言葉です。「ありがとうございました」と言ったら、「お陰様で…」という言葉をつけるようにしましょう。すると、そのあとに、それが何をもたらしたかを表現する必要が出てきます。

 

こんなふうに、ちょっとした心がけで、少しだけ丁寧なお礼の伝え方を考えてみてはいかがでしょうか。相手に気持ちがよく伝わります。そうすると、相手もしてあげてよかった、と思えますし、またしてあげたい、とも思うでしょう。これは、お互いにとって良いことですね。

そのことは、あなたにとってどんな意味がありましたか?

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

1 コメント on 0376 相手に伝わる感謝の伝え方

  1. ジャスミンティー より:

    具体的にお礼の内容を伝えるっていいですね。
    私もこれから意識してみます!!

    写真もやさしい感じがしていいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください