ポッドキャスト

ポッドキャストの中の人013 ジンきとぽてこの、話せばわかる

x-default どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回のゲストも、第11回のトクマスタケシ(@tokumasutakeshi)さんからご紹介いただきました。

ジンきとぽてこの、話せばわかるのジンき(@zinki_ns)さんです。

これまで出演いただいたポッドキャスターの方々の番組を聞いていた、というジンきさんとぽてこさんは、新世代のポッドキャスターです。

[note]ジンきとぽてこの、話せばわかるは、ジンきさんとぽてこさんが楽しいトークをお届けする番組です。話題は、日常生活のさまざまな話題、ぽてこさんの一人旅のようすなど、バラエティに富んでいます。ふたりのテンポの良い会話、ふんいきの良さに、ついつい聞き入ってしまいます。まるで、同じテーブルで、友だちの話を聞いているようです。週の後半に番組が公開され、30回を越える更新が続けられています。ジンきさんとぽてこさんと同年代の方、楽しいおしゃべり番組を聞きたい方におすすめです。[/note]

ジンきさんへ10の質問

1. 収録環境は?
ジンきさんの自室で収録することも多いが、公園やお店で収録をすることもある。まわりの音も、環境音としてそのまま残すようにしている。
2. 収録機材は?
ZOOM H1ハンディーレコーダーを使用。イヤホンで自分たちの声を聞きながら。三脚に立てて、ジャマー(風よけ)をつけて録音すると、収録している雰囲気が出るのでよい。
3. ネタ収集、番組準備はどうしていますか?
あらかじめ生活の中でネタを集めておいたり、リスナーからの声をひろっておく。全体的な構成は、二人で当日に会ったとき、アイドリングを兼ねて、話し合って決めるようにしている。2週に一回、2本分の録音をしている。
4. 録音のときに気をつけていることは?
リスナーの気分を害さないような話題を選び、トークにも気を使っている。二人で話していると、自然とおもしろい話のほうに向かっていく。お互いを笑わすような、楽しい雰囲気を作れるように。
5. 編集方法は?
Audacityで音を整えて、オープニングやクロージングを貼り付ける。ノイズの除去はそれほど気をつけていない。笑い声などの大きすぎる部分などは、音量の調整。その後、MP3ファイルとして書き出す。
6. 公開のための利用サービスは?
当初SoundCloudを使用しようとしたが、容量がすぐにいっぱいになるので、SeeSaaブログに移行して、利用している。
7. 宣伝や番組アピールはどうしていますか?
Twitterで告知している。まだ番組を聞いたことのない、より多くの人に聞いてもらいたいと願っている。なんであのとき放送局や他の番組で、この番組を紹介してもらえることが、一番影響が大きいと感じている。
8. リスナーとのコミュニケーションはどのようにしていますか?
かつての自分たちのように、メールやコメントを寄せてくれる人がいるのは、とてもうれしい。できるだけとりあげて、もっと関わりが続くように心がけている。iTunesのポッドキャストランクなども気にして、推移を追っている。
9. 番組を続けるコツは?
無理しない。しんどくならない程度にやる。公開日を決めていなくて、数日の幅をもたせているので、無理しなくて済む。
10. あなたにとってポッドキャストとは?
あこがれの舞台でもあり、ずっと親しみをもって聞き続けてきた。最高の趣味を見つけた。

 

ジンきさんとの収録を終えて

ジンきさんとぽてこさんは、トクマスタケシさんの「なんであのとき放送局」のリスナーさんたち同士でした。それが、やる側と聞く側の壁を越えて、マイクの前でしゃべる側になったのでした。

ポッドキャストを聞く側の人が、場合によっては話す側になれるって、すごいことだなぁ、と実感しました。ちょうどいい相手がいたこと、ものおじせずに番組を始めることができたこと、先輩ポッドキャスターたちに積極的にアドバイスを求めたこと、そういういくつものことがあって、実現したことのようです。

あこがれのポッドキャスターがいて、そういう人たちをモデルにして、肩を並べるような番組を作りたい、という願いは、とても自然なものなのだな、と感じました。それと、ポッドキャストに長く親しんでいるせいか、感覚的に番組作りをすでに理解してしまっている様子に、新しい世代を感じました。

これからも、こういう方々がたくさん出てきてほしいと思います。そのさきがけとして、ジンきさんとぽてこの番組は、ご本人たちが願っておられるように、多くの人に聞いてもらえる番組になりますように。

 

関連リンク

 

番組の感想は、Twitterで、ハッシュタグ#pnhtをつけてください。
コメントを楽しみにしています。

ポッドキャストの中の人011 「なんであのとき放送局」トクマスタケシさん

x-default どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回のインタビューは、第9回かわやなぎさわこさんからご紹介いただきました。

なんであのとき放送局のトクマスタケシ(@tokumasutakeshi)さんです。

かつて、お笑い芸人を志した方が、いまやポッドキャストに身を捧げるように。
とても興味深いお話をうかがうことができました。

[note]なんであのとき放送局はトクマスタケシさんが、手がけているポッドキャストが集まった放送局風のウェブサイトです。楽しい仲間の方々といろんな番組を収録し、精力的に公開を続けていらっしゃいます。多いときには、それこそ毎日のように番組が公開されていました。トクマスさんは、ポッドキャストに熱中しすぎた結果、なんであのときカフェというリアル喫茶店をオープンしてしまうほどの方です。いじられ、つっこまれつつ、多くの人に愛されています。[/note]

トクマスタケシさんへ10の質問

1. 収録環境は?
もともとは自宅で。いまは開店した喫茶店に機材を持ち込んで収録環境を整えている。来店してもらって対面での録音、あるいはSkypeを利用したオンライン収録で。
2. 収録機材は?
デスクトップPCにオーディオ・インターフェースを接続し、そこにマイク(複数)を接続している。
3. ネタ収集、番組準備はどうしていますか?
特別な準備はしていない。日常の延長、アドリブで話していく。
4. 録音のときに気をつけていることは?
進行役としては、あまり過激になりすぎないように、コントロールしている。間をあけないように、言葉を埋める。しゃべりながら構成を考えて。
5. 編集方法は?
自分が担当する番組は、編集をほとんどしない。イントロとエンディングの音源をくっつける程度。
6. 公開のための利用サービスは?
レンタルサーバーにWordpressをインストールして利用。
7. 宣伝や番組アピールはどうしていますか?
Twitterと来店されたお客さんに対するアピール。スマホを実際に手にしながら登録をすすめることも。
8. リスナーとのコミュニケーションはどのようにしていますか?
Twitterやメールなどの投稿がある。お店に来店してくれる方もあり、非常にうれしい。各地のリスナーさんから、お店で使うものを送ってくれたり、ということもある。ポッドキャスト仲間の音楽を使った番組づくりなども。
9. 番組を続けるコツは?
やめないで続けること。とりあえず続けていれば、。
10. あなたにとってポッドキャストとは?
「自分のすべて」

トクマスタケシさんとの収録を終えて

ポッドキャストに身をささげた男。そんなふうに言っても、本当にいいのだろうな、と思いました。

芸人を志していた、というだけあって、自分の歩みをネタにできる度胸もあり、実際にどんどん行動に移す行動力もあり。

トクマスさんとのインタビューは、お店の経営をとるか、ポッドキャストをとるか、という悩ましい選択を強いられているタイミングでした。が、ポッドキャストあっての喫茶店、という、とてもシンプルな結論に行き着いたようです。

これだけポッドキャストに取り憑かれ(!)、身をささげてきて、仲間やリスナーの方々に愛されているトクマスタケシさんですので、これからも何かとやってくれるに違いありません。

楽しい歩みと番組作りを、ますます期待しています。

 

関連リンク

 

番組の感想は、Twitterで、ハッシュタグ#pnhtをつけてください。
コメントを楽しみにしています。

ポッドキャストの中の人010 Automagic

x-default どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回のインタビューは、第5回AccSellポッドキャストの方々からご紹介いただきました。

Automagicの長谷川恭久(@yhassy)さんです。

WEB業界でデザイナーとして活躍中の長谷川さんに、ポッドキャストの可能性なども含めて、お話をうかがいました。

[note]Automagicは、WEB周辺のデザインやテクノロジーについて、いろいろな方とお話をするポッドキャスト番組です。実際に、現場のお仕事で活躍中の方々を迎えて、長谷川恭久さんがトークを繰り広げます。だいたい2週間に一度ぐらいの頻度で、興味深い会話に耳を傾けることができます。最新の動向はもちろん、WEB業界で働く方々がどんなことを考えているのか。そういったことも聞くことのできる貴重な番組です。[/note]

長谷川恭久さんへ10の質問

1. 収録環境は?
Skypeを利用したオンライン収録が多い。理由は、ある程度の音質で会話を録音できるため。また遠隔の方にも気軽に出てもらえるため。
2. 収録機材は?
PCにインストールしたAudio Hijackというアプリケーションを用いている。skypeごしの相手の音声、および自分の側の音声などを、入力。アプリケーション上での録音。
3. ネタ収集、番組準備はどうしていますか?
会話のダイナミズムを重んじているので、あまり準備をしないようにしている。ゲスト選びは、自分が会話をしたいと思っている方々にお願いしている。
4. 録音のときに気をつけていることは?
ちゃんと録音できているか、録音しわすれがないか、音声レベルは適正か、チェックしながら録音している。
5. 編集方法は?
相手の音声と自分の音声をミックスして録音した音源を、Adobe Auditionで編集。ホワイトノイズの除去、音量の調整、ノーマライズなどを自動化したコマンド実行。会話の流れなどをスムーズにするために余計な部分をカットしたり、など。適切な程度の編集の負担になるようにしている。番組時間の2?3倍の時間をかけている。
6. 公開のための利用サービスは?
Tumblrを利用。手間なく、ある程度の見栄え、プレーヤーの埋め込みなどが便利だったので。以前からのRSSフィードに流している。
7. 宣伝や番組アピールはどうしていますか?
TwitterとFacebookなどで告知を流す。積極的なフィードバックが期待できないし、PRするおもしろみが少ないので、あまり力を入れていない。
8. リスナーとのコミュニケーションはどのようにしていますか?
反応はあまりないが、リアクションに関してはその場で応答している。リアルな場での会話などにポッドキャストの反応が得られる場合があるとうれしい。
9. 番組を続けるコツは?
クオリティの下げ具合を学ぶ。できるだけ楽に更新しつづける加減を見つける。
10. あなたにとってポッドキャストとは?
「表現方法のひとつ」自分にあうメディアを選ぼうとするときの、ひとつの可能性。

長谷川恭久さんとの収録を終えて

人と人との関わり、お仕事のあり方などをデザインされている長谷川さん。

お話を伺っている中で、ご自分のポッドキャスト、ポッドキャストを通しての関わりなども、すてきにデザインされているのだな、と教えられました。

会話のダイナミズムに魅力を感じている、ということでしたが、その言葉のとおりでした。長谷川恭久さんとの会話によって、私もポッドキャストの中の人としての自分が鼓舞された、というか、大いに刺激を受けました。

ポッドキャストについての、こういう会話が繰り広げられ続けていくことが、ポッドキャストがなくなってしまわないために、どうしても必要なのだろう、と考えました。

ちょうど10回目でしたし、ただのインタビューだけでない機会としていただけて、感謝でした。

 

関連リンク

 

番組の感想は、Twitterで、ハッシュタグ#pnhtをつけてください。
コメントを楽しみにしています。

千葉ロッテマリーンズ・福岡ソフトバンクホークス2016年9月(ヒラリンさん、テツローさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

激戦のパ・リーグ、今日も目が離せません。

そんなパ・リーグの熱烈なファンのヒラリンさん、ホークス一筋のテツローさんにお話をうかがいました。

いただいたお便りの紹介もしています。

お楽しみください。

 

続きを読む

福岡ソフトバンクホークスvol.42016年9月(テツローさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

日本ハムと激しい首位争いを繰り広げる、福岡ソフトバンクホークス。目が離せません。

テツローさんにお話をうかがいました。

 

続きを読む

広島東洋カープ、ヤクルトスワローズ2016年9月(ケンタさん、カネゴンさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回も2人の牧師さんをお招きしてます。

もうセリーグ制覇目前、広島東洋カープ担当のケンタさん。
打倒ベイスターズに燃える、ヤクルトスワローズ担当のカネゴンさん。

思いのこもったトークをお楽しみください。

 

続きを読む

横浜DeNAベイスターズ中日ドラゴンズ2016年9月(スーミンさん、ミズタニさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回も、二人の牧師を迎えてのプロ野球トークです。

史上初のクライマックスシリーズ進出をかけて奮闘中のベイスターズ、担当のスーミンさん。

すでにシーズン半ばにしてチームが崩壊状態の中日ドラゴンズ、担当のミズタニさん。

お二人のトークをお楽しみください。

 

続きを読む

ポッドキャストの中の人009 かわやなぎさわこのお星サマになりました

x-default

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

今回のインタビューは、第8回PULVERIZEBEATのDYさん(@dyparabi)からご紹介いただきました。

かわやなぎさわこのお星サマになりました。のかわやなぎさわこ(@fmsun_sawa)さんです。

香川のコミュニティFMでパーソナリティーやリポーターもされているかわやなぎさん、育児の合間をぬって、インタビューに応じてくれました。

[note]かわやなぎさわこのお星サマになりました。は、パーソナリティーかわやなぎさわこさんとその仲間たちによる、インターネットラジオです。ひとりひとりが輝いている星のような存在になれるように、応援の気持ちをこめた番組づくりになっています。毎月第二、第四の日曜日に収録をし、それを後日ポッドキャストの形式で公開しています。収録はツイキャスなどでも公開されており、リアルタイムなリスナーさんたちとの交流も、番組に色をそえています。[/note]

では、「ポッドキャストの中の人」かわやなぎさわこのお星サマになりました。かわやなぎさわこさんへのインタビューをお聞きください。

かわやなぎさわこさんへ10の質問

1. 収録環境は?
香川県の情報通信交流館 e-とぴあ・かがわにあるスタジオを利用して、月に2回の収録。
2. 収録機材は?
スタジオに常設されている専門機材を使用して。
【録音】: マイク(複数)+PC1(BGM用)→ミキサー→【PC2(cubase)】
【配信】: カメラ(複数)→放送用スイッチャー→PC3(スイッチング用)→【PC4(配信用)】
3. ネタ収集、番組準備はどうしていますか?
お便りをいただいてテーマにするコーナーと、自分たちで作っていくコーナー。日常の中で話題を探している。行き当たりばったりに思われる番組づくりかも。
4. 録音のときに気をつけていることは?
ツイキャスやショールームでのリスナーさんたちの声を拾い上げて、効果的なやりとりにしていくこと。日常で、聞いた話を自分なりに再構成することによって、話す力がつく。
5. 編集方法は?
よほど音源的に問題がないかぎり、編集なしで公開している。それができるように収録する裏方のバックアップがある。
6. 公開のための利用サービスは?
収録については、ツイキャス、USTREAM、ショールームで生配信。その後、音源を「お星サマになりました」のウェブページでポッドキャストとして公開。ウェブサイトは、レンタルサーバーを利用。
7. 宣伝や番組アピールはどうしていますか?
Twitterで告知を流す、など。
8. リスナーとのコミュニケーションはどのようにしていますか?
Twitterでの交流。ウェブサイトにメールフォームを設置。ツイキャスなどの配信によって、リスナーとのやりとりが活発になった。
9. 番組を続けるコツは?
ひとりでやらず、自分がやろうと思った番組づくりを、同じ気持ちで取り組んでくれる仲間を見つけること。最初に抱いた思いを大切に忘れないこと。
10. あなたにとってポッドキャストとは?
「家の外とつながるためのもの」いろんな人と出会ったり、いろんな経験をしたり、そういうことを可能にしてくれたもの。

かわやなぎさわこさんとの収録を終えて

香川大の放送部のOBや現役生たちが関わって、つくりあげている番組、ということでした。そのこともあって、とても恵まれているな、と感じました。収録のスタジオもそうですし、それを使いこなす技術力のあるスタッフもそうですし。あと、まわりの方々の協力的な受け入れなども。

当然、地元の大学生たちの取り組みだから、といって自然にそうなるものではなくて、かわやなぎさんをはじめてとして、制作スタッフが地元との関わりを大切にしているからこそ、なのでしょう。

高い技術力と恵まれた環境を活かして、自由な番組作りに取り組んでいる様子は、すごく楽しそうです。いいお仲間なのが、番組を聞いているだけでもよくわかります。そして、制作スタッフがいい仲間だと、それがリスナーさんたちにも影響して、仲の良いコミュニティを作っているなぁ、と感じました。

これからの世代の情報発信を手助けしていきたい、という思いも、いいなぁ、と。お星サマジュニアーズがどんどん誕生してほしいです。お星サマになりましたは、いいお手本になるでしょうね。

 

関連リンク

番組の感想は、Twitterで、ハッシュタグ#pnhtをつけてください。
毎日、目を通してます。

ヤクルト・ソフトバンク2016年8月(カネゴンさん、テツローさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

夏の特別プログラム、ということで、
スワローズ担当のカネゴンさんと
ホークス担当のテツローさんの
お二人ごいっしょに話をうかがいました。

どうぞお楽しみください。

続きを読む

広島東洋カープvol.2 2016年8月(ケンタさん)

coverart

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

セリーグの首位を独走中のカープ。
今回は、ケンタさんを新たにお迎えして、
お話を伺っています。

幼少のころからのカープファン、
かつての高校球児のケンタさんのトークを
どうぞお楽しみください。

続きを読む