成長

0441 10年後の自分、想像できますか?

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年10月29日月曜日、第441回目の放送です。

 

私たちは誰もが、まだ生きたことのない時間を経験しながら、これからの歩みを築いていきます。
これから10年先の自分を想像してみるのは、案外と難しいものです。

その助けとなるのは、いろんな人たちの人生模様を聞かせてもらうことでしょう。

 

 

続きを読む

0410 失敗は許されるが、チャレンジしなかったことは許されない

「失敗は受け入れられる、しかし挑戦しなかったことは許されない」マイケル・ジョーダンの言葉です。失敗を成長につなげるように、取り組むことが大切です。

0405 次の一歩はなんだろうと考えてみる

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年9月7日金曜日、第405回目の放送です。

 

4について、サイクルのお話をします。
 

 

続きを読む

0401 いっしょに生きていく人がいるっていいもんだ

兄弟の人数によって、その人の感覚ってずいぶん違ってくるように思います。私は、祖母も含めた5人家族の中で、いっしょに生きる人がいるっていいもんだ、と感じてきました。

0392 劇的な変化はゆっくり進む

飛躍する企業の成長は、あるとき突然起こるのではありません。絶えざるひとつひとつの積み重ねの結果として起こってくるものです。

0382 新しい技術は、古き良きものを未来につなげる

技術は、変化を引き起こすものではない、変化を促進するものである。将来に向けて取り組み始める、そこに技術の力が加わる。この順番が大切です。

0364 「信仰の薄い人だな、なぜ疑うのか」

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年7月12日木曜日、第364回目の放送です。

 

イエス・キリストの名言、人を育てる言葉についてお話します。

 

 

続きを読む

0353 リーダーの仕事とは何か?

coverart

 

どうも、あなたのサーバント、中澤信幸です。

 

2018年6月27日水曜日、第353回目の放送です。

 

リーダーの仕事とは何か、というお話しです。

 

 

続きを読む

「どうしてもなくてはならないもの」創世記32章22-32節

coverart

 

メッセージタイトル
「どうしてもなくてはならないもの」

 

聖書箇所 創世記32章22-32節

 

続きを読む

この春から新生活を始める人に贈る3つの名言

春は、新しいことの始まりの季節です。
あなたにとっても、ワクワクして、期待に胸がはずむときでしょう。

と同時に、新しい生活への不安もあるかもしれません。
いままで経験したことのない歩みに足を踏み出すのですから、当然のことです。

そんなあなたに、私からの応援の意味を込めて、3つの名言を紹介します。

 

失敗をしたことがない人は、新しい挑戦をしたことがない人である。
アルベルト・アインシュタイン(ドイツ人物理学者)

新しい生活の不安は、うまくできるだろうか、という不安でしょう。

いままで何度も経験してきたことなら、こうすればうまくいくと分かります。
でも、はじめてのことには、そういった経験がありません。
失敗したらどうしようか、と考えると、挑戦するのが怖くなります。

失敗の恐れをさける方法は3つあります。
ひとつは、挑戦するのをやめることです。
もうひとつは、失敗しないとわかるまで周到な準備をすることです。
最後のひとつは、失敗してもよいと割り切ることです。

アインシュタインの名言は、失敗を恐れるべきでないことを教えてくれます。
偉大な研究を成し遂げた人物ほど、試行錯誤を繰り返してきました。
ひとつの成功の背後には、数え切れないほどの失敗があります。
意欲的に挑戦すれば、失敗をするのは当たり前のこと。
そして、失敗をするのは必要なことです。

新生活、チャンレンジすることも多いでしょう。
失敗するのは、悪いことではありません。
取り返しのつかないほどの失敗なんて、そうあるものではありません。
挑戦した自分をほめてあげてください。

いつか、失敗の数々をほほえましく振り返る日がくるでしょう。
そのとき、果敢に取り組んだ自分を誇らしく思うでしょう。

未来の自分に胸をはれるように、一歩、前へ足を踏み出しましょう。

 

人生って出会いだけって気がします。
泣いたり、笑ったり、憤ったり、感動したり、すべてが出会いから起きていますよね。
高倉健(日本人俳優)

新しい生活の醍醐味は、新しい人々との出会いです。

もちろん、出会いには両面あります。

一方では、いままで出会うことのなかった素晴らしい人との出会いがあるでしょう。
その人の影響は、あなたの人生を思いがけないほどよいものに変えることさえあります。

もう一方で、こんな人には出会いたくなかった、という人も出現するかもしれません。
こんな人は初めてだ。
どうつきあっていいのか、わからない。
自分のペースが乱される。
こんなはずではなかったのに、と非常に戸惑うことでしょう。

良い出会いも、悪い出会いも含めて人生なのだ、と高倉健の名言は教えてくれます。
あるときは、喜びで涙を流すでしょう。
あるときは、悔しさで涙を流すでしょう。
そのどちらも、心が耕され、育てられ、豊かな実りに至るまでに必要なプロセスです。

あなたにとって、人との出会いは大きく成長するチャンスです。
同じように、相手にとっても、あなたとの出会いは成長のチャンスです。

思いがけない出会いを大切にしてください。
自分と違う人の存在を喜べるようになってください。
よいものをもたらしあう関係を築いてください。
出会いの中に、豊かな人生を経験してください。

 

一冊の本を売ることは、12オンスの紙とインクと糊を売ることではない。
まったく新しい人生をもたらすことなのだ。
クリストファー・モーリー(米国人ジャーナリスト)

新生活の中でも、ぜひ学び続けてほしいな、と願っています。
いや、新生活の中だからこそ、学び続けてほしいのかもしれません。

この春、学校での勉学を終えて、社会人になった方もいるでしょう。
ようやく勉強と試験から解放された!と胸をなでおろしている。
それなのに、また、まだ勉強しろですって?
そんなことはまっぴらごめんだ! とつぶやくかもしれませんね。

でも、人間は一生、勉強を続けていく生き物です。
クリストファー・モーリーの名言は、新しい人生の可能性を示します。
学び続けるならば、環境だけでなく、生き方も新しくなり続けるということです。

ぜひ、問題意識を持ち続けてください。
熱心に本を読むことをやめないでください。
人の話を謙遜に聞くことをやめないでください。
自分にとっての次の一歩を踏み出す助けを見つけてください。

 

中澤信幸は、あなたの新しい生活を心から応援しています。

あなたは、どんな新しい生活に踏み出そうとしていますか。
コメント欄に書いてください。みんなで応援のエールを送ります。