「 聖書 」一覧

NO IMAGE

きょうのいい人 田倉誠一さん

きょうのいい人は、新生宣教団の田倉誠一さんです。 新生宣教団は、日本をはじめ世界の人々のために、各国の言葉で聖書や福音文書などを印刷することによって主に仕えています。 田倉さんは、その働きを教会に理解してもらうために教会訪問をしています。 で 私たちの教会にも訪...

「四つ辻に立って見渡し、昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。」しかし、彼らは『そこを歩まない』と言った。エレミヤ書 6章16節

「四つ辻に立って見渡し、昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。」しかし、彼らは『そこを歩まない』と言った。エレミヤ書 6章16節

「四つ辻に立って見渡し、昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、 それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。」 しかし、彼らは『そこを歩まない』と言った。 エレミヤ書 6章16節

わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。エレミヤ書2章13節

わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。エレミヤ書2章13節

わたしの民は二つの悪を行った。 湧き水の泉であるわたしを捨てて、 多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、 自分たちのために掘ったのだ。 エレミヤ書2章13節 なぜわざわざよいものを捨てるのか。 なぜわざわざ役に立たないものを掘るの...

「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」ルカの福音書18章24-25節

「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」ルカの福音書18章24-25節

「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。 金持ちが神の国に入るよりは、 らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」 ルカの福音書18章24-25節 悲しいかな、私たちの誇るたくさんのものは、余計なもの。 それに気がつかない、というの...

かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。ルカの福音書17章4節

かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。ルカの福音書17章4節

かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、 『悔い改めます』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。 ルカの福音書17章4節 一日に七度なんて、よっぽど身近な関係ですよね。 ということは、今日だけではなく、明日もまたありうるわけで。 ...