2代目リーダーへの一問一答(3) 2代目として気をつけていることはありますか?

フ?リント

質問(3)
2代目リーダーとして、こういうことには気をつけるようにしている、
ということがあれば、教えてください。

回答
「□□ではなくて、△△」という表現を使うこともありますが、
「□□も、△△も」という表現をより多く使うようにしています。

ほっておけば、「□□ではなくて」と言ってしまいやすい、中澤信幸です。

2代目には、2つのタイプがあるように思います。

ひとつのタイプは、先代のやっていることを真っ向から否定し、
それを乗り越えて、方向転換して成功するタイプ。

もうひとつのタイプは、先代のやっていることを引き継いで、
そこにオリジナリティを加えて発展させることで成功するタイプ。

わたしは、後者のタイプです。

なので、できるだけいままでのよいものは、そのまま良いものとして、
発展させるように心がけています。

さらに、少し幅を広げたり、新しい可能性に取り組むことも、
奨励するようにしています。

グループの中に、そういうおおらかな雰囲気を浸透させるためには、
「□□も、△△も」という表現がピッタリです。

いままでのこともいいし、新しいこともいい。
あなたのやっていることもいいし、彼らのやっていることもいい。
そのこだわりもいいし、あのこだわりもいい。

グループの雰囲気がポジティブなものになっていると思います。

 

ちなみに、一番はじめの表現、書き直しました。
「□□ではなく」と言わないで… を
「□□ではなく」と言うときもありますが…

小さなことですけど、そういうふうに取り組んでいます。

 

いいこと、いいもの、やる気のある人のことは、
どんな人でも応援したい、中澤信幸でした。

 

「2代目リーダーへの一問一答」では、みなさんからの質問を受け付けています。
気軽にメールしてください。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です