理想のコーチングに求められる7つの結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

002482

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

最近、人に話すことで、
自分の考えがはっきりし、
とても助かった経験をしました。

その人はいわゆるコーチではありませんでしたが、
これってコーチングじゃないか、と思いました。

ということで、今日はコーチングによってこうなったらいいよね、
という理想のコーチングについて書いてみます。

問いかけ、聞くを繰り返すことによって

コーチングというのは、かんたんに言うと、
効果的な質問を投げかけ、答えを丁寧に聞く、というプロセスです。

質問をする効果は、
ぼんやりしているものをクリアにしたり、
視点や立場を変えて考えてもらうことや、
考えの筋道を提供することにあります。

丁寧に聞くことの効果は、
安心して取り組んだり、
じっくり考えを整理したりする助けになることです。

相手の中にある答えを見つける助け

こうした問いかけと聞くことを繰り返すコーチングによって、
得られるべき理想の結果は、まとめると以下の7つのことになります。

  • 自分の話しを聞いてくれる人がいるという心強さ
  • 自分だけで抱え込まないで済むという解放感
  • 目の前のことだけにとらわれない視点
  • 目指すべき目標のクリアさ
  • 躊躇していたことに取り組もうとする勇気
  • さらに成長したいという欲求
  • 次にとりかかるべき行動計画

こうして、相手の中にある答えを引き出す助けになるのが、
私の考える理想のコーチングです。

あなたは、どのくらいの頻度で、どんな人に、
そういう関わりをしてもらえたらうれしいですか?

中澤信幸(@nobun)は、いつもそういう関わりで、
人の助けになりたいな、と願っています。

さて、いまからメールマガジンを書くことにします。
まだ購読していない方は、ぜひ。

いまなら、「自分もみんなも幸せになる99の名言」をプレゼント中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする