0150 もし人間が一箇所に留まるように造られたのだったら、私の足は根っこだっただろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年9月1日金曜日、第150回目の放送です。

150回目を越えて、まだまだ進んでいきますよ、というお話しです。

2017年9月1日金曜日、第150回目の放送、お相手は中澤信幸です。

150回、ありがとうございました。

今回150回目ということで、本当に嬉しく思っています。ここまで続けてくることが出来たって言うのは、本当に自分でもびっくりするようなことです。1週間5回ですので、30週にわたって続けてきたということになりますね。1年が52週ですから、半年以上。自分でもよくやったなと思っています。

これを続けて毎日毎日聞いてくださってる方がいるっていうのも、本当に驚くようなことで、うれしいことです。

人間は一歩ずつ進むために

今日は、インターネットで見つけた名言のようなものを紹介しながら、これからも頑張りますよってお話しをしたいと思います。こんな名言です。

「もし人間が一箇所にとどまるように造られたのだったら、私の足は根っこだったことだろう」

人はですね、一箇所にとどまるようには、作られていないわけですね。一歩一歩前に向かって進んでいく生き物です。後ろに下がることも出来ますし、右に行くことも、左に行くこともできます。いずれにしても動くものである。

新しい毎日の経験へ

もちろん根を下ろすことには、その良さがあります。安定があるとか、その所にとどまるゆえの成長があるとか、です。

同時に、移動することの良さもあることを知っていますよね。毎日毎日違うところにいますので、そこに新鮮さがあります。新しい環境の中で、新しい経験をする。また、そこには変化ということもあるでしょう。自分自身がそこに合わせて変化をしていくということもあります。寒い所に行けば寒いなりの、暑い所に行けば暑いなりの、明るい所には行けば明るい所なりの、暗い所に行けば暗い所なりの。そういう自分自身の変化ですね。さらには、移動するということによる出会いっていうのもあります。新しい経験をすることもあります。

151回目からさらにその先へ

私も、この150回を迎えた時にですね、ここで根を下ろしてじっくりというより、また1歩1歩先へと歩いて行きたいなと思いました。来週はちょっとお休みをいただきますけど、その結果、止まってしまうのではなくて、一歩一歩まだ進んでいきたいです。その続けて行った先に、新しい変化とか、新しい出会いとか、そういうものが待っているんだろうなと思うと、とてもわくわくしてきます。是非、これからもその旅にお付き合いください。

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. おおのクン より:

    おっす。
    150回の放送、ご苦労、ご苦労~。
    この調子で続けてくれたまえ。(上から目線)

    • のぶ より:

      おおのクンとやら、いい根性だ。

      300回を迎えるころには、きみも立派な大人になれるように、がんばってあさのばを聞いてくれたまえ。

  2. ジャスミンティー より:

    150回おめでとうございます!!
    本当に様々な角度から物事を考えることができました。
    自分ひとりでは気づかない点も多くありました。

    また礼拝メッセージの中では聞くことができないことも
    補足的に説明してくださって感謝です。

    これからの旅路に期待して!!

  3. katsu より:

    150回の放送おめでとうございます。
    この150回で様々な視点でのお話から、考えさせていただく機会をいただきました。また、今まで開いたことのない扉をいくつも開いてくださって、新鮮で楽しく拝聴いたしました。
    これからも新しい世界にナビゲートしてくださることを楽しみにしています。