0344 狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2018年6月14日木曜日、第344回目の放送です。

 

イエス・キリストの前にある道を示した、名言を紹介します。

 

 

あなたの前に道がある、と言ったら、どんな道を思い浮かべますか?

 

人の子の前にある道

イエス・キリストは、あるとき、こうおっしゃいました。

「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕するところもありません」
マタイの福音書8章20節

狐には、その住まいとなる穴があります。空の鳥には、羽を休める巣があります。しかし、人の子イエス・キリストには、落ち着くところ、また受け入れられるところはないのだ、というのです。

 

「あなたについていきます」と言うが

この言葉は、ある人がイエスに向かって「私はあなたについていきます」と言ったときの返答の言葉です。「先生がおいでになるところなら、どこにでもついてまいります」とその人は言いました。

彼が思い描いていたのは、この方が栄光の王になる、エルサレムで王座につく未来でしょう。そのところまで、私はどういうふうにしてでも、ついていきます、と言いました。この場所は、カペナウムです。ここを離れても、仲の良い仲間や、家族を後にしても、私はこの方について行こう。その素晴らしい道を共に歩きたい。そんな思いから言ったのだろうと思います。

 

キリストが歩まれる苦難と栄光の道

しかし、イエス・キリストが、これから歩こうとしている道は苦難の道でした。よくイエス・キリストの歩かれた道を、ヴィア・ドロローサ、十字架への道と表現します。十字架刑に処せられる、そのための道をまっすぐに進み行かれた。それがイエス・キリストの道です。

文字通り、それは枕するところのない日々を過ごすことでもありました。人々に受け入れられ、賞賛され、もてはやされて歓待されるばかりの日々ではなく、苦難の道を歩かなければならない道です。苦難というのは、人々のため、救いをもたらすため、そのために自分が受けるべきものを受ける。仕えるべきところで仕える。その道をまっすぐに歩くことを良しとされたわけです。

しかし、それはただの苦難の道ではありませんでした。苦難の向こう側、十字架の向こう側に、天の神の栄光への道が続いていたわけです。そのことを果たしてこの人は理解していただろうか。残念ながら、そうではなかっただろうと思われます。

 

私たちの歩みもまた、大切な人のために苦難の道を進むことがあるでしょう。その先に、天の神の栄光への道が続いていることを思いながら、ご一緒に歩みましょう。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です