久しぶりの東京、我が家はいかがですか?
一ヶ月で身についたなんちゃって大阪弁も、すでに薄れてしまったことでしょう。

甲子園での2試合連続本塁打、U18デビュー、そして準優勝、おめでとう。

 

春から、君のビッグマウスに、
「結果を出してから言え。勝負の世界は厳しいんだぞ!」
と思っていました。

U18に、ただ一人1年生で選ばれた君に、
「せいぜい、上級生たちに格の違いを見せつけられて来ればいい」
と冷ややかな視線を送っていました。

 

そう、あのときまでは。

 

世界選手権の決勝戦、一点ビハインドで迎えた9回の攻撃は、
ちょうど君の打順からでしたね。

たった一点がどうしても取れず、最終回。
相手は2連覇中の米国。
どうしても、優勝して欲しかった。

「注目されることは力になる」という君の言葉を思い出し、
「清宮、打ってくれ」と、不覚にも声援を送ってしまいました。

43歳のおじさんが君に負けた瞬間でした。

君も相手投手にキレイに抑えられ、
日本は悲願の初優勝を遂げることはできませんでした。

 

野球漬けの夏休みが終わりましたね。
どこかのラジオのパーソナリティーの人が
「清宮くん、夏休みの宿題やったのかなぁ」と心配していました。

甲子園での優勝、世界選手権の優勝という
大きな宿題を残してしまいましたね。

私も、君の成長物語を追いながら、
感想文を書くという宿題ができてしまいました。

お互いがんばりましょう。

 

次は、国体ですね。
U18で一緒だった先輩のピッチャーをことごとく打って、
君の大物ぶりを見せつけてやってください。

期待しています。

 

自分の息子と同じ年の高校球児に夢を託すおじさんより

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です