礼拝メッセージ「敬虔な生活」テトスへの手紙2章11-15節

 

coverart

大野キリスト教会 主日礼拝 2019年9月29日

メッセージタイトル
敬虔な生活

聖書箇所 テトスへの手紙2章11-15節

 

 

メッセージを振り返って

私が小学生だった頃、教会学校の先生をしてくれていたのがMさんでした。

突然、何やらラグビーボールを持ってきて、私たちを外に連れ出すと、「ほら、いくぞ」と走らされたことを覚えています。

楕円のラグビーボールは重たくて、うまく扱えませんでした。
子どもながらに、きっとこの革のボールはコンクリートの上で転がしてはいけないはずだよな、と思ったものです。

 

そんなMさんが天に召されてから、もう何年になるでしょう。

 

Mさんは自己紹介のたびに「敬虔なクリスチャンです」と言いながら、「牧師からはクリスチャンを経験しているだけだと言われます」と自分で見事にオチをつけていました。

今日の礼拝で、私たちの敬虔さについて、ラグビーの話を交えながらお伝えしました。

ダジャレ好きだったMさん、悔しいけれど、あなたの言っていたことは本当のようです。

私たちは、神のなさる御業を経験しながら、神にふさわしい敬虔な者になっていく。

まだ、ノーサイドのこちら側に生かされている私たちは、もうしばらく倒れたり、踏まれたりしながら、先を目指して進むことにしますね。

 

 

礼拝メッセージ(Podcast対応)にて、 過去のメッセージを保存しています。

Subscribe to

礼拝説教と聖書メッセージ〜音声ポッドキャスト毎週更新

Or subscribe with your favorite app by using the address below

コメント

タイトルとURLをコピーしました