とりあえずの挨拶を特別な瞬間に変える

Print

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

わたしのところに、なんやかんやと挨拶に来る人がいます。

そのときの最低限のマナーは、嫌な思いをさせないこと、
そして短時間で済まさせてあげること、です。

でも、それだけでは、なんとなく物足りないなぁ、と感じていました。

相手にしてみれば、ただ挨拶してるだけですから、
たぶん、それ以上のことを求めていないと思いますけど。

 

わたしは最近、とりあえずの社交辞令が終わったら、
グッと距離を縮めて、
より本質的な問いかけをひとつだけすることにしています。

「何を一番願っていますか?」
「どんなことを一番大事にしたいですか?」
「カギになるのは何ですか?」などなど

 

時間にすると、1-2分よけいに会話をする、というだけです。

もし、こういう問いかけによって、
その人の中に意識の明確化や、心備えができたらいいな、と願っています。

誰かの特別な瞬間を生み出せる人になりたいものです。

 

ということで、中澤信幸(@nobun)に挨拶するときには、
120秒よけいに時間がかかる覚悟をしておいてくださいませ。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です