0028 マネサれたのではない採用されたのだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

 

どうも、早起きポッドキャスターの中澤信幸(@nobun)です。

 

2017年3月8日水曜日、第28回目の放送です。

 

自分が考えていたことが、いつのまにかそのとおりに実現していたら、どう思いますか?

 

 

  • いつの間にか、自分のアイデアがグループで実行されるようになった
  • 私の受け止め方「アイデアをとられた、真似された」
  • 仲間がかけてくれた声「採用されてよかったな」
  • 大きな目的にくらべて、自分がどこまで認められなければならないのか
  • 知っておくべき2つのこと
    • 人が認めようが認めまいが役に立ったのだ
    • 静かな多くの支え手によってことは実現する
  • あなたにも似たような経験がありますか?

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. ジャスミンティー より:

    こういう事って職場でもよくあります。
    先生の場合もそうですが、必ず同僚がわかってくれていますよね。
    あと、一応クリスチャンなので、神様が見てくれているっと思っています。

    静かな支え手って、聖書に出てくる多くの「いい人」を連想させますね。
    名前が残っていないたくさんのいい人たち・・・。
    私はパウロをロープで降ろした人たちが好きです。

    先生の好きな無名の人は誰ですか?