0384 神が結び合わせたものを引き離してはなりません

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年8月9日木曜日、第384回目の放送です。

 

結婚についてのイエス・キリストのことばを紹介します。

 

 

結婚に関するキリストのことば

今日、紹介するイエス・キリストの言葉は、結婚についてのことばです。妻を離別することについて問われたとき、イエス・キリストはがこう答えました。

『それゆえ、人は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となる』と言われたのです。それを、あなたがたは読んだことがないのですか。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。
マタイの福音書19章5-6節

 

離れ、結びつき、ひとつとなる

イエス・キリストは、結婚について、とても大切な、大きなことを教えていますね。ひとつはそれぞれの家庭から独立するのだということ。ふたつめは一つの家庭を築くことになるのだということ。みっつめは結び合わせるのは神であるということ。

結婚というのは、それぞれの家を離れ、ひとつの家庭を作る、それは神が結び合わせたものである。とてもダイナミックな関係の変化がありますね。元々の家は離れて、自分の家庭を持つことになる、というダイナミックスさ。

結びつきの強さも語られています。愛し合う二人が結婚するという以上に、神がそれを結び合わせるのだ。そういう結びつきの強さです。

 

大切な関係を大切にして

もちろん、今の時代に多様な家族のあり方があるのはよく理解しています。それを尊重したいとも思っています。

と同時に、どんな関係であっても、貼ってはがして、というような気軽な関係ではないことを、イエス・キリストのことばの中から読み取ってほしい、と思います。一人一人の人生がかかっています。新しい人生のあり方がかかっています。非常にダイナミックな、そして強い結びつきを前提にした関係が結婚だということですね。神が結び合わされたもの、という結婚の意味と重さを、ますます大切に考えたいものです。

 

それぞれが与えられている家族の関係について、本当に豊かな祝福があるように、心から願っています。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください