0046 他人のゴミを拾える人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年4月3日月曜日、第46回目の放送です。

さっと身近なところで必要なことに対応できる、そういうことをお話ししています。

20117年4月3日月曜日、第46回目の放送、お相手は中澤信幸です。

他人のゴミを拾う人に聞いてみた

私の身近なところにゴミをさっと拾う方がいらっしゃいます。床に落ちているゴミとか、テーブルにちょっと落ちているゴミとか。本当に、さっと、さりげなく、パッと片付けてくれる人がいるんです。いつも、そういう姿を見ていましたので、どういうふうにしているのかなぁ、と聞いてみました。

どうしてゴミを拾うですか?と聞いてみると、「だって、ゴミがない方がいいでしょ?」って、答えるんです。それ以上の特別な理由なんかないよ、何も特別な事じゃないよ、っていう感じで答えていました。

心がけていつも気にしてやろうとしてるんですか?と聞いてみると、「そんなことないよ、気がついた時に拾ってるだけだよ」ゴミを探して、いつもきれいにしようって思っているわけではなくて、気がついたときに、目の前にあるよくないものを拾って、片付けらるだけのようです。

めんどうくさくないですか?と聞いてみると、「そんなことないよ、だって拾って捨てるだけだもん」と言います。そういえばただ拾って、ゴミ箱に捨てる、ほんのわずか5秒が10秒、そのくらいのことです。確かにそのとおりです。

自分が捨てたゴミでもないのに、ゴミを散らかすの誰だよって思わないんですか?「誰のゴミなんて思わないなぁ」あぁ、そうなんですね。

小さな対応をさっとする

ゴミを拾うなんてことは、カンタンなことだし、誰にでもできるし。でも、すごく大事なことですよね。それを、さっとできるかどうかって、結構いろんなところに大きな違いになって出てくるかな。

ゴミのことだけじゃなくて、身近なところで、対応の必要なことに、さっと対応できるっていうのは、大事です。当たり前のことっていうか、必要なことだな、って思いました。

繰り返すなら、違った対応も

もちろん、いつも同じところに、同じようなゴミがあるとかだったら、全然違う対応になりますよね。そうならないような仕組みをつくるとか、散らかす本人に片付けさせるとか、いろいろ対応の仕方があると思うんです。いつも同じようことの対応に追われていたら、それはちょっと違うかな。

基本的な対応力

でも、たまたまのゴミってありますよね。誰のゴミか、とか、これどうしようか、とか考えるよりも先に、パッと片付けておいた方がいい。自分のためにも、人のためにも、何かといい。自分のなかの機動力というか、対応力を身に付けておくことって結構大事じゃないかな。そうすると、自分も気持ちいいですし。それ以上の大きなトラブルも防げますし。みんなのためにも助けになりますしね。すごく基本的なことですけど。

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする

コメント

  1. こはる日和 より:

    そうだったのですね。
    逆に、想像力が豊かになっていいですっ!!

    出勤日は「よるのば」とさせていただきます~

  2. こはる日和 より:

    こういうちょっとした対応ができるって素敵ですね。
    見習いたいです。

    記事として読めるのはいいですね。
    朝読んで、夜ゆっくり聞いています。

    「ゆうのば」から「よるのば」とさらに遅くなっている気が・・・。

    • こはる日和さん、ありがとうございます。

      音声を記事にしてくれるソフトが不調になり、
      全文掲載ができなくなってしまっています。

      もう少ししたら、大丈夫になると思うのですが。

      よるのばでもいいです、聞いてくれることが嬉しいので。