0309 義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。

 

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

 

2018年4月26日木曜日、第309回目の放送です。

 

イエス・キリストが語られた8つの幸せのうち、4つ目の幸いをお伝えします。

 

 

イエス・キリストが語った幸い

イエス・キリストが語られた、八つの幸せがあります。これまで三つ紹介してきました。今日は、四つめになります。

義に飢え渇く人々は幸いである、その人たちは満たされる。マタイの福音書5章6節 Click To Tweet

 

いま求められる義

義というのは、まっすぐであること。まっすぐ、整っていて、正しいことを意味しています。あるべき姿があり、そこにぴったりと添っている、ふさわしい形である。そういう正しさです。

今の時代、私たちの周りでは、色んな不正がはびこっています。リーダーたちの中でも、正しくないことがまかり通ってしまう状況があるでしょう。そういうことの中で、正しいことを求める思いがあります。なんでこんなふうになってしまったんだろう。もっと正しくあるべきなのに。本当に正しいことが必要である。

 

不義のゆえに苦しむ人々

しかし、ある人々はそういう中で、もっともっと真剣に、飢え渇きのように求めているというのです。飢え、渇くというのは、それがないと死んでしまう、という状態です。食べ物がないと死んでしまう、水がないと死んでしまう。そういう切実さを表しています。

それほどまでに追い込まれている人たちということです。不正があるところに、そのことによって利用されたり、損害を被っていたり、存在を脅かされたりする人がいます。正しくなくて良くないな、という以上に、こんなことが続いたら私は死んでしまう、という追い込まれた人々がいるのです。その追い込まれた人々に対して、義に飢え渇く人々は幸いである、と言われています。

 

神のみがもたらす義

一体、義に飢え渇く人々は、何を求めればいいのでしょうか。この指導者が、この社会が、この状況が、正しくなってくれることを求めるだけでは不十分です。神の義を求めるんだというのです。

神が働いて、私たちの間に義をもたらしてくれること、それを求めるんだ。人が正しくなることよりも、神がこのことのすべての中にご自身の正しさ、救いをもたらしてくれることを求める。

 

必ず満たされる

そういうふうに求める者は幸いである。なぜなら、その人たちは必ず満たされるからである。神の義に満たされる、神の義を喜ぶことができる。自分に与えられる救いに望みをかけて、失望させられることは決してない。そんな幸せをイエス・キリストと説きました。つまり、それはイエス・キリストご自身が、そのような義をもたらす、という約束でもあったのです。

 

様々な不義、不正の中に、困難に甘んじなければならない方々のことを思います。ぜひ、イエス・キリストにある義がもたらされること信じて、希望をもち、力を失わずに、歩むことができますように。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です