0511 リーダーの特権はマイクをオンにできること

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2019年2月4日月曜日、第511回目の放送です。

 

自分の話を聞いてもらうのって、大変ですよね。
相手に伝えたいと思っていても、なかなか聞く耳を持ってくれません。
伝えたいことが伝わっていきません。

大きな声で叫べば聞いてもらえるか、というと…
必ずしもそうではないみたいです。

今日は、「リーダーがメンバーに伝えること」をテーマに、お話します。

 

 

  • 昨日の礼拝中のこと、賛美歌を歌っていると、背後から寄って来る人がいた
  • 「マイクのスイッチが入っています」
  • すごく恥ずかしい思いをした
    • 調子っぱずれな歌声を聞かせてしまった
    • まずい独り言を言っていなかっただろうか
  • リーダーの特権のひとつは、マイクをオンにできること
    • 騒音の中で、声を聞かせることができる
    • ただし、リーダーの声でさえ騒音になることがある
  • 聞いてもらいたいことを、聞いてもらえるように話す
    • シンプルなメッセージを繰り返し語る
    • 相手が関心をもっていることから始める
    • 相手にマイクを渡す用意をしておく

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

コメント

  1. kat141 より:

    マイクの切り忘れ「あるある」ですね。私も顔が赤くなる失敗をしたことがあります。聴きながらニヤニヤしてしまいました。
    でも、牧師の賛美は騒音ではなく、会堂内は賛美リードとなっています。早く会堂中央に集音マイクを設置して、全員の賛美として外には流れるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました