0337 なんと言っても、単純明快な軸を持っている人が強い

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2018年6月5日火曜日、第337回目の放送です。

 

あの人ってどういう人?単純明快な答えが出てくる強さについてお話しします。

 

 

毎週火曜日は、ビジョナリー・カンパニー2「飛躍の法則」からお話をしています。今日から、第5章「単純明快な戦略」のお話しです。

 

キツネと針鼠の話

5章の最初に、ある一つの話が紹介されています。登場するのは、キツネとハリネズミです。キツネはとても能力があり、頭が良く、たくさんのことを考えて実行することができます。キツネは持ち前の頭を活かしてハリネズミを襲おうと計画します。一方、ハリネズミはそんなに能力がありません。運動能力も優れていませんし、身を守る術と言えば、たったひとつしかありません。

キツネがハリネズミに向かって、いつもろんな戦略を立てて向かっていくのだけれど、勝てません。ハリネズミが身を丸めて、針をむき出しにすると、キツネはいつも歯が立たない。そんなストーリーです。

あれこれ手を尽くすことができる、能力がある、選択肢がある。でも、優秀なキツネは結局ハリネズミに勝つことができない。たったひとつしか能力がない、自分の身を丸めてハリを出すだけしかできない、それでもどんなに強い敵からも身を守れる。ハリネズミは、武器となる単純明快なものを持っていて、それが強さだということです。

 

単純明快な軸をもつ強さ

飛躍する企業には、その単純明快な強さがあるんだ、というのが第5章のメッセージです。あれもできる、これもできるという強さではなく、これしかできないけれども、これならできるという強さ。そこに飛躍する企業は自分たちの道を見出し、そこで成長をしている。

私たちは、自分自身の歩みを考えてみても、同じことが言えます。この人はこういう人、この人はこれをする人、この人はこれができる人、という単純明快な強さ、特徴、そういったものを伸ばしていくところに、大きな成長があります。四方八方、あれもこれも、とオールラウンドに自分を伸ばしていくよりも、自分の軸を見つけることの必要性です。

 

あなたは、自分の軸はどこにあると思いますか。そんなに単純なの?と思うような、自分自身の本当の軸は何でしょうか。他の人から見て、あの人はこういう人、と一言で言い表せるような軸です。もし、すでにその軸を見つけていたら、ぜひコメントで教えてください。みんなで、そのことを喜びたいと思います。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください