0354 「わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします」

coverart

 

どうも、あなたのサーバント、中澤信幸です。

 

2018年6月28日木曜日、第354回目の放送です。

 

私の人生の使命について、イエス・キリストの名言を紹介します。

 

 

自分のいのちを…

イエス・キリストは、人々にこう語りかけました。

「自分のいのちを自分のものとした者はそれを失い、わたしのために自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします」 Click To Tweet

命は誰のものなのか?何のためのものなのか?ということが語られています。私たちは使命のために生きる、ということがありますね。使命は、というのは命を使うと書きます。何のために使うのでしょうか?使命には目的があります。私が幸せになるため?私が多くの財産を手に入れるため?私が人々の間で尊敬されるため?私が、私が、私が…

 

自分以上の何かのために

もちろん、私自身の歩みが祝福される、それが一つの目的ではあります。しかし、私たちは自分のため以上に生きることの方が良いと知っているのではないでしょうか。自分のためだけに生きるなんて、そんなつまらない人生はない、と。

むしろ、与えられた使命に生きること、つまり自分の命を使って誰かのために、何かのために、大きなことのために役立っていくこと。与えられた使命に生きることは、自分が幸せになる以上のことです。

 

イエス・キリストのために

イエス・キリストがおっしゃったのは、「その使命を与えるのは私だ。あなたがたに新しい使命を与えよう。互いに愛し合って歩むことだ。お互いのためになって歩むことだ。自分のために、成功のために歩むのではなく、人と一緒に幸せになる歩みを目指すように」

そう言うイエス・キリストご自身こそが、自分の命を投げ出してまで、人々に救いをもたらされる方でした。その姿にならうように、私についてきなさい、と招きます。私についてきなさい、自分の十字架を負って、そのときあなたがたは自分の命を得るのだ!新しい命を得るのだ!そのところにあなたがたの素晴らしい歩みが備えられているのだ!イエス・キリストの姿を見ながら、この方が与える使命に生きるとき、人は本当の命を自分のものとするのだ、と言うのです。

 

新しい生き方はどこからくるのか

多くの人が、自分の使命は何だろうか、と問いかけています。多くの人が、自分の成功や幸せ以上にどういう生き方ができるだろうか、と問うています。その歩みは、私についてきなさいという方、自ら全世界の救いのために命をまで投げ出したイエス・キリストが私たちに与えてくれるものです。そんな生き方を、ぜひあなたにも自分のものとしていただきたいと願っています。

 

あなたは自分の使命を自覚していますか?

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です