ポッドキャスト

0461 少しの影響をいろいろなところで与えて生きる

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年11月26日月曜日、第461回目の放送です。

 

一人の人が亡くなったとき、普段は知らなかった、いろんな関わりが見えてくることがあります。
人と人とがさまざまな関わりをしながら、私たちの歩みは成り立っている、と教えられます。

今日は、最近亡くなった方との関わりを振り返りながら、人が人に与える影響について考えてみましょう。

 

 

続きを読む

0460 買い物するのか、させられるのか、主導権は自分が握る

アメリカでは、11月第4金曜日はブラックフライデー。クリスマス商戦開始、大安売りもあわさって、買い物に踊らされる人もちらほら。でも、自分の行動の主導権は、誰にも渡してはいけない。

0459 「マリヤ」と親しく名を呼ばれたイエス・キリスト

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年11月22日木曜日、第459回目の放送です。

 

私たちは、ひとりひとり自分の名前を持っています。
その名前を呼びかけるとき、関係性によって呼びかけ方が変わります。
あなたの名前を親しく呼びかける関係は、どんな関係でしょうか。

復活したイエス・キリストのことばから考えてみましょう。

 

 

続きを読む

0458 外交的な人、内向的な人

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年11月21日水曜日、第458回目の放送です。

 

人と関わることで力が湧いてくる人がいます。
一方、一人になることで力を取り戻す人がいます。

外向性と内向性、あなたはどちらのほうが強いですか。

 

 

続きを読む

0457 理想の上司の条件は部下を尊重できること

理想の上司の条件の一つは、部下を尊重できることです。テイカーは、育てる自分の面子にこだわります。ギバーは、育てられる人の成長を願い、尊重します。

0456 讃美歌「安けさは川のごとく」が生まれたストーリー

讃美歌「安けさは川のごとく」が作られた背景には、一人の信仰者を襲った、度重なる悲劇がありました。そのような中でも、すべて安しと言いうるのは、なぜだったのでしょうか。

0455 仕事でずるいと思ったとき、タイヤの気持ちになってみる

仕事をしていて、私だけが大変、他の人はずるい、と感じることはありませんか。そんなときに思い出したい、タイヤの気持ちの話です。

0454 十字架上の犯罪者が世界の救い主とされる理由

イエス・キリストは、十字架で処刑されました。なにゆえ、このような人物が、世界の救い主とされるようになったのでしょうか。その理由は、復活の事実にありました。

0453 あなたはどのくらい自分をわかっているか

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年11月14日水曜日、第453回目の放送です。

 

自分で自分のことを理解するのは、かんたんなようで、難しいことです。
私も、自分のことがよくわからない部分がたくさんあります。

今日の放送は、とってもぐちゃぐちゃしていて、お聞き苦しいです。
朝から、申し訳ない…

 

 

続きを読む

0452 これからの人材育成のために大切なこと

人材を育成するために、大切なことは2つあります。ひとつは、その人の可能性を信じること、もうひとつは、そのことを好きにさせること。いずれも、ギバーとして接することで、実現するものです。