安全なキリスト教と教会の話

私がキリスト教の意味を深く求めるようになった日のこと

学生時代、悩みを打ち明けてくれた友人に、答えてあげる言葉を見つけることができませんでした。それ以来、一般の普通の人にとってのキリスト教の意味を深く問うようになりました。

0481 クリスマスのお休みの日に働くあなたのために

クリスマス返上で働きをしてくれている人たちがいます。感謝なことです。クリスマスのよき知らせは、野宿で夜番をする羊飼いたちのところに知らされました。今日も働くあなたのところに、クリスマスの喜びがありますように。

0480 2018年平成最後のクリスマスは教会へ

教会って誰でも行っていいの?クリスマスに、はじめて教会に行く人のために、どうやって探せばいいのか、いつ行けばいいのか、などなど、お伝えします。

0479 名曲「きよしこの夜」が私たちに教えてくれること

「きよしこの夜」は、その夜のキャンドル礼拝のために急遽作られた一曲でした。それでも、良いものは後世に広く伝えられ、残されていくことになります。大切なのは、そのとき、その場のために精一杯取り組むことです。

0456 讃美歌「安けさは川のごとく」が生まれたストーリー

讃美歌「安けさは川のごとく」が作られた背景には、一人の信仰者を襲った、度重なる悲劇がありました。そのような中でも、すべて安しと言いうるのは、なぜだったのでしょうか。

0454 十字架上の犯罪者が世界の救い主とされる理由

イエス・キリストは、十字架で処刑されました。なにゆえ、このような人物が、世界の救い主とされるようになったのでしょうか。その理由は、復活の事実にありました。

0366 状況に反応するのではなく、対応できるように

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年7月16日月曜日、第366回目の放送です。

 

昨日までの礼拝メッセージシリーズの振り返りをします。

 

 

続きを読む

キリスト者有志が「『共謀罪』法案に反対し、廃案を求めるキリスト者有志の声明」発表

「共謀罪」(テロ等準備罪)が参議院で審議される中、キリスト者有志は6月8日、「『共謀罪』法案に反対し、廃案を求めるキリスト者有志の声明」を発表した。

 

過去の弾圧を背景にして

いわゆる「共謀罪」法案が可決されました。
それにあたって、キリスト者有志、各教団、教派などが声明を出しています。

キリスト教界がこの法案に反対する背景には、
過去の治安維持法による弾圧の経験があります。

この共謀罪法案も同じようにキリスト教界に適用されて、
信教の自由を脅かすのではないか、という危惧が強くあります。

成立したいま、ではどうするか?

審議の過程、法案の中身など、不十分なところがあって、
危惧されるところが多いのでしょう。
これまでの総括として、ここで声明を発表すること理解できます。

では、これからどうしたらよいのか、ということが大切です。
考えられる取り組みはいくつかあるでしょう。

  • これを機に、言論の自由、信教の自由を大切にしたい人たちと、連帯の輪を広げ、よい協力関係を保ち続ける。
  • 信教の自由が保たれていることの尊さについて、啓発につとめ、これを世論として定着させていく。
  • 政界で影響力をもつ人材を輩出するための取り組みに重点を置く。
  • 信教の自由が脅かされることは当然あるものだと覚悟し、信仰的な備えをしておく。
  • 多様性について、寛容と秩序を両立するコミュニティのお手本となる。

 

反対の声明は、すべきことのごく一部なのであって、
このことに限らない、社会の中での大きな責任をきちんと果たす者でありたいですね。

 

土管に入ると(お墓は入り口)

400269

 

どうも、中澤信幸です。

人生の最後、すべての人はお墓に行き着きます。
お墓は人生の終着駅です。

 

聖書のメッセージは、人は復活のいのちを与えられ、
死をもって神の世界に移されることを語ります。

ちょうど、東京で土管に入ったマリオが、
地球の裏側のリオにひょっこり登場したように。

 

お墓に入った私たちは、神の国にひょっこり顔を出すのでしょう。

 

明日は何の記事を書こうかなぁ~。

スピリチュアルはやめないとダメですか?

 

どうも、中澤信幸です。

ご質問をいただきました。

[help]スピリチュアルな世界に関心をもった結果、クリスチャンになりました。もうスピリチュアルなものを求めてはいけないのでしょうか?
[/help]

続きを読む