非常ボタンがあれば安心だけれども

88

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

駅のホームに非常ボタンがあります。

非常ボタンというのは、
みなさんよくご存知のとおり、
物や人が線路に落っこちてしまったとき、
緊急で電車を止めるためのボタンです。

 

このボタンがあることによって、最悪の事態が避けられます。
本当に大切なボタンですね。

 

とはいっても、非常ボタンは最終手段です。
最終というからには、最終のの前にすべきことがある、ということです。

  • アナウンスで注意をうながすこと
  • ポスターで危険性を知らせること
  • 駅員さんが口頭で危険な行動を注意すること
  • ホームドアを設置して落下を防ぐこと

 

非常ボタンというのは、有益な最終手段です。
ただし、非常ボタンを設置すれば終わりではありません。

安全のために、非常ボタンがあっても、
使う必要すらないようにする努力が求められます。

 

最終手段に頼っていることがあるとしたら、
もう少し、それより前の努力を考えることが必要かもしれませんね。

 

中澤信幸(@nobun)は、最終の部分と関わることが多いので、
その前でみんな片付いちゃうと、楽ちんだな、と思っています。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です