鳴り続ける電話の向こう側

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

485772

 

どうも、中澤信幸(@nobun)です。

誰かの電話がマナーモードで鳴り続けていました。

 

私の携帯電話も手元にありません。

もしかしたら、自分のかもしれない…
でも、今は取りにいけない。

 

一度切れたように思えたマナーモードも、
もう一度、もう二度、というふうに、
繰り返し、繰り返し、かかってきているようです。

 

もし、私の携帯電話だとしたら、
電話の向こうでかけつづけているのは…
何か大変なことがおこったのだろうか…

段々と気が気ではなくなってきます。

 

5分ほどそんな状態が続いて、
鳴り続いていたマナーモードが静かになりました。

 

結果的には、私の携帯電話ではありませんでしたし、
どうやら電話の主も、急な一大事、ということでもなさそうでした。

あぁ、よかった! のですが。
まったく、心臓によろしくない。

 

鳴り続ける電話を想像してみてください。
その向こう側で、一生懸命、あなたにかけているのは誰でしょう?

あなたを必要としている、大切な方の顔が思い浮かんでくるでしょう。

ぜひ、その方との関わりを、今日も大切にしてくださいね。

 

 

中澤信幸(@nobun)は、
このごろマナーモードが苦手になりつつあります。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする