礼拝メッセージ 「神のことばに立って」

coverart

メッセージタイトル
神のことばに立って

聖書箇所 テサロニケ人への手紙第一3章7-13節

[note]

  • 周囲で暴動を起こされてしまったので、パウロはテサロニケの教会から止むにやまれず離れなければならなかった。
  • テサロニケの教会に心残りがあり、訪ねたいと思いつつ、それも実現せず、パウロはとても気にしていた。
  • テモテが知らせてくれた、テサロニケの教会の信仰的な歩みに、パウロはとてつもなく大きな喜びを覚えた。
  • 生きがいがある、とは、生きるべき命を120%喜びと感謝にあふれて生きていること。人との関わりの中に、それを見出すことができた。
  • 主にあって、ということが、何よりもテサロニケの人たちの歩みのためになること。イエスのたとえ話で、砂の上の家と岩の上の家に見られるとおり。
  • 私たちの関わりは小さなものだが、与えることのできる影響は小さなものではない。
  • いま主にあって堅く立つことが実現していなくても、神がそれをなさることを信じ、期待して祈ろう。

[/note]

礼拝メッセージ(Podcast対応)にて、 過去のメッセージを保存しています。

Subscribe to

礼拝説教と聖書メッセージ〜音声ポッドキャスト毎週更新

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です