「答えられない祈り」コリント人への手紙第二12章6-10節

coverart

 

メッセージタイトル
答えられない祈り

 

聖書箇所 コリント人への手紙第二12章6-10節

 

 

  • パウロは、自らの使徒としての権威を攻撃され、擁護しなければならない立場に立たされた。
  • しかし、過大に評価されることを避け、高ぶらないように与えられたという肉体のとげに言及する。
  • 取り去られるように祈ったが、祈ることをやめるに至った。なぜか?
  • 「キリストの恵みは十分である、その力は弱さのうちに完全に働く」という語りかけによって、パウロのあり方は決定付けられる。
  • 主の恵みは、私たちにも同じように与えられているものである。

 

礼拝メッセージ(Podcast対応)にて、 過去のメッセージを保存しています。

Subscribe to

礼拝説教と聖書メッセージ〜音声ポッドキャスト毎週更新

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください