人工知能による福音書はいつごろ発刊?

015856

 

どうも、中澤信幸です。

 

最近、特に人工知能が話題になっています。
囲碁で人間に勝った、とか、
学習してたら差別的な発言をするようになったとか。

 

牧師さん的には、どんなふうに活用できるかなぁ、と考えてみました。

まずは、人工知能にキリスト教を教えてあげなくてはいけません。

とりあえず、聖書を全部インプットすることから始まって、
組織神学とキリスト教倫理あたりは完璧にマスターしてもらうことが必要でしょう。
いままで扱われてきた各教団、教派などの教義も教えます。
教会史も必要になりますね。

あわせて、いま世界中で日曜日ごとに語られている聖書の教えを
がんがんインプットしていきます。

あとは、クリスチャンたちとのTwitterなどでのインタラクションによって、
教育していくことになります。

 

その結果、bot的なものが出来上がることになります。

こちらから話しかけると、
あたかもイエス・キリストが返答、会話をしてくれるようなbotです。

WWJD (what would Jesus do?) botですね。

最終的には、そのbotのやりとりを蓄積し、ブラッシュアップしていって、
「人工知能による福音書」が完成する見通しです。

 

まちがいなく、その一節には

「忌まわしいものだ。インターネットに時間を費やす牧師たちよ。
あなたがたは画面の中にわたしを探しているが、
隣のタブの嘆きの声に耳を傾けようともしない。」

って書いてあるな。

 

中澤信幸は、人工知能ほど賢くありませんが、
できるだけインプットを増やしながら、
読者のみなさんに最適なアウトプットをするように努力します。

明日は何の記事を書こうかなぁ?。

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください