0186 1000日間かけて、あなたは何を成し遂げますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年10月30日月曜日、第186回目の放送です。

東京オリンピックまであと998日だそうです。あなたは、この期間にどんなことに取り組みますか?

2017年10月30日月曜日、第186回目の放送、お相手は中澤信幸です。

東京オリンピックまであと998日

東京オリンピックが2020年7月に行われることになっています。なんとそれまでに1,000日を切ったということが報道されていました。正確に言うと、今日10月30日は、あと998日だそうです。2年と9カ月ほどでしょうかね。

着々と準備が進んでいるようです。工事中の競技場の様子なんかも映されていました。まだまだ出来上がっていませんけれども、あと1,000日の間には確かに完成していくんでしょう。おそらくいろんな関係で準備をしていらっしゃる方々は、もう1000日を切ったというので、忙しくしていらっしゃるのではないでしょうか。

その日、あなたは?

そんな中であなたは、1,000日後オリンピックの日にどんな生活をしているか、ちょっと想像してみてください。あなたはどんなところで、どんな生活をしていると思いますか。今とどういうふうに違う歩みをしているでしょうか。特に、どんな成長をしていると思いますか。あるいは、どんな成長をしていたいと思いますか。

少しずつの歩みを積み重ねて

2年9ヶ月というとですね、たぶんあっという間に過ぎていくんだろうなと思うんです。3年前を思い出してみてください。あれからもう3年経ったのか、っていう感じがすると思うんです。

2年9ヶ月、一日一日を数えていくと、それでも千日あるんですね。どうでしょう?千日あるって聞くと、それでも何かが出来そうな気がしてきませんか。毎日毎日の少しずつの積み重ねでも、千回積み重ねたら、何かができそうな気がしてこないでしょうか。

私も自分のことを考えてみました。千日って言うと、例えば私は今、本を書いています。おおよそ最初の30日ぐらいで原稿を仕上げて、それからブラッシュアップしていって出版をする。3ヶ月ぐらいかかりそうだなぁと思っています。これがですよ、千日あるって言えば、一応理屈から言うと、 10冊の本が書けることになるわけなんです。 おぉっ、と思いました。

1000日は十分な時間

毎日毎日のことをコツコツと積み上げていくと、やろうと思えば、千日では結構なことができるんではないでしょうか。スキルを身につけたり、交友関係を広げたり、旅行に行くための準備をしたり。あんな所には決していけないとを考えていた旅行でも、千日少しずつ少しずつお金を貯めて、計画を練って、そのための準備をするなら。千日がかりの計画なら、行けるかもしれませんよ。

考えてみてください。あの競技場だって完成するわけなんです。まだまだ完成がほど遠いなと思っているあの競技場の様子でも、1,000日間毎日毎日コツコツと関係の方々が働いていけば、競技場が完成して行くんです。

千日って本当に長い時間です。どうでしょう。あなたは何に取り込もうとされますか?

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする