0188 いつもの当たり前のことが、今日特別な意味をもつかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

coverart

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

2017年11月1日水曜日、第188回目の放送です。

アメリカで宝くじが大当たりした人のことが話題になっています。今日はそれを紹介しましょう。

2017年11月1日水曜日、第188回目の放送、お相手は中澤信幸です。

ずっと買ってきた宝くじが当たった

アメリカで、宝くじま、数字を合わせるくじだそうですけれども、大当たりした人のことが話題になっているそうです。この方は数年にわたって、近所のセブンイレブンで、同じ番号のくじを毎週毎週買い続けてきたそうです。番号は家族の誕生日の組み合わせ。いかにもありがちなことだと思うんですね。それが、この前の13日の金曜日の日に、大当たりしたということで話題になっています。最も不吉といわれる13日の金曜日に、ずーっと買い続けてきて、同じことを繰り返してきた宝くじがようやく当たったという。この組み合わせですね。そのことが大きな話題になっています。

確率で言えばおこりうるけれど

もちろん確率で言えば、そんなことはいくらでも起こること。何も不思議ではないことです。 13日の金曜日とは言え、カレンダーの中のよくある1日ですし。ずっと同じ番号を買っていれば、いつかはやがて当たる。それも不思議ではないことです。

でも、このストーリーの中に、なんとなく私たちの心をくすぐるようなことがありますよね。というのは、当たり前のように繰り返していることが、いつか特別な意味を持つことがあるんだ、っていうことを教えてくれるからだろうと思います。

毎日、毎日、当たり前のようにしている、もう習慣になっている。多分この人もですね、近所のセブンイレブンに行って、くじを買ってポケットに入れる。そして、家に帰る。それはたぶん何の考えもなく、いつもと同じ、毎週毎週繰り返してきたこと。まさか今週当たるとは思ってなかった、と思いますね。でもこういうふうにして、当たる場合がある。特別な意味を持たずに繰り返していることであっても、いつかそれが特別な意味を持って用いられうることがある。そんなこと思わされますね。

地道に続けていることが特別な意味をもつ

私たちも、地道な努力を続けている、繰り返し繰り返ししていることってあると思うんです。今日の話は、地道に宝くじを買いましょうねって話ではありません。地道な努力、もうほとんどルーチンのようになっていて、あんまり意味を持たないでやっている、そんなこともいつかはやがて本当に必要になって特別に用いられうることがある、ということなんですね。

例えば、持ち物1つもですね。ハンカチを1つ持っていくにしても、ティッシュをもっていくにしてもですね。そんなことは当たり前に、カバンの中に入れて、これに何の意味があるかって言ったら、ない。使わないかもしれない。でも、いつもと同じように。そのことが、ある日特別に役にたったり、人助けになったりすることってあるんですよね。

そういう何気ない、小さいこと。何の意味も持っていないこと。繰り返し繰り返し、もしかしたらと思って、必要で続けていること。そういうことの繰り返しを大切にしたいな、って。もしかしたら、それが今日特別な意味を持つかもしれないし。そんな私たちの毎日、毎日の繰り返しでありたいなと思っています。

あなたはどんなことを毎日変わらずに続けているでしょうか。もっとも驚くような、良いふうに用いられるシナリオはどんなことでしょうか。ちょっと想像してみると、ワクワクするかもしれませんね。

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリスト教牧師/コーチ/ポッドキャスター。 「いつだってあなたのために」「自分もみんなも幸せになる生き方」 大野キリスト教会 | 聖書 | いい人 | サーバント・リーダーシップ | NPO | コーチング | ポッドキャスト | パブリックスピーキング | 相模原 | 相模大野
SNSフォローボタン

フォローする