0192 与える者たちが常に気をつけるべき3つのこと

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸(@nobun)です。

 

2017年11月7日火曜日、第192回めの放送です。

 

与える立場にひそむ罠があります。財団におけるサーバントリーダーシップについてお話しします。

 

  • 財団におけるサーバントリーダーシップとはどのようなものか。
  • 財団は、さまざまな事業に資金提供をする。
  • 事業主が来て、財団についていいことを言い、資金をもって帰る。
  • 判断が鈍り、感覚がまひする。自分が何者かであるような錯覚。
  • そこで果たされるべきトラスティの役割
    • 事業の結果をシビアに評価すること
    • 自分たちに対する批判に積極的に耳を傾けること
    • 自分たちの役割がなんであるかを点検すること
  • 私たちも与える立場にたったとき、おごりの罠に陥らないように。

[note]

 

[/note]

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

1 コメント on 0192 与える者たちが常に気をつけるべき3つのこと

  1. katsu より:

    サーバントリーダーシップの執筆楽しみにしています。お風邪に気をつけて取り組んで下さい。今朝はちょっと鼻声なので心配になりました。
    私の会社にも小さな財団がありますが、預かったお金を、利益とは違った価値観でいかに意味あるものとして使って頂くか日々葛藤しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です