0421 人の話を同意しながらしっかりと聞こう

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年10月1日月曜日、第421「回目の放送です。

 

話を聞きながら、同意を表現するというお話です。

 

 

気持ちの良い会話

会話をしていた後、とても気持ちが良いときがあります。多くの場合、振り返ってみると、自分を受け止められた、自分の言っていることを肯定された、同意してもらえた、そういう経験ではないでしょうか。

今日は、同意する表現を、たくさん例としてあげてみます。会話の中で、こういう言葉がより多く出てくれば出てくるほど、私たちの会話は深まっていき、より心の通うものになっていくでしょう。

 

肯定的な受け止め方の例

はい、その通りですね。
お考えの通りです。
いいですね。
そうしましょう。
言われる通りです。
もちろんです。
そういうことです。
同じことを考えていました。
なるほど。
それなんです。
そう、そうそこですよね。
まさに、それです。
そうなんですよね。
おっしゃる通り。
確かにそうですね。
正解です。
ぴったりですね。
鋭いですね。

 

好意的に受け止めると…

他にも、たくさん、たくさんあると思います。こういった表現が持つ効果は、二つあります。ひとつは、相手の人が同意してくれている、と感じると、もっとたくさん話したくなる、ということです。心を開きます。自分の言ってることが安心して受け止められていると感じます。それゆえに、もっと自分自身のことを話して、身を任せてみようと思えるわけです。

ふたつめは、聞く耳を持ってくれるということです。不思議なもので、話をよく聞けば聞くほど、同意して受け止められれば受け止められるほど、こちらの言うことも聞いてもらえることになります。なぜかと言うと、基本的に同じ考えをしているのだろう、と安心してもらえるからです。この人は、私の言うことを分かってくれている。同じように考えてくれている。その人が言うことならば、耳を傾けてみよう、と考えてくれるのです。

 

こうしてお互いの会話がより深くなり、より心の通う関係になります。あなたも、人の話を聞くときに、同意する、肯定する表現で、受け止めてみませんか。

 

聞く人にとっても、話す人にとっても、大きな違いを生み出します。ひとつひとつの会話が、お互いの関係を深めるものでありますように。

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください