リーダーの人間力(1) なぜ人間力が必要なのか

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

リーダーの人間力」ヘンリー・クラウド著の
内容を紹介します。

さっと理解したい方は、下の要約をお読み下さい。
もう少し、じっくり理解したい方は、音声での解説をどうぞ。

 

 

なぜ人間力(=インテグリティー)が大切なのか

著者は、ある教育ママから、2人の息子に成功の秘訣を話してほしいと依頼を受けた。とっさに思いついたのが、以下の3つの力であった。

  1. 専門能力
  2. 提携構築力
  3. 人間性

先の2つの能力を思う存分生かすためには、3つ目の人間性が不可欠である。

「頭の良さや才能、能力、エネルギー、努力、交渉力、チャンス…これらを成功に結びつけられるかどうかは、つまるところ、その人が何者なのか、どんな人間なのかにかかっている」(21ページ)

人間性を磨かないとどうなるか

人間性が伴わないと、残念ながら、次の3つの落とし穴のいずれかにはまる。

  1.  本来の可能性よりもはるかに低いところで行き詰まる
  2.  障害や逆境にぶつかり軌道から外れる
  3.  大成功を収めた後自滅して全てを失う

人を評価するには、残した仕事の業績と人間関係を振り返ってみれば、すべてが分かる。まるで船の航跡のようだ。人間性の高さが見て取れる。

人間性とは何か

人間性は、以下のように定義できる。

人間性とは現実が突きつける要求に応える能力のことである

具体的には、以下の6つの資質に分類して考察することができる。

  1. 本当の絆を結ぶ能力
  2. 真実を求める能力
  3. 成果を上げ物事を完結する能力
  4. 逆境を引き受け、向き合い、処理する能力
  5. 成長、発展を求める能力
  6. 自己を超える能力

本書では、上記の6つの資質を順に解説していく。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください