0501 奥歯にものの挟まったような言い方になってしまうのはなぜ?

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2019年1月21日月曜日、第501回目の放送です。

 

あの人は、なんかはっきり言わないんだよなぁ。
何か人に言えないようなことがあるのかなぁ。

そんなふうに感じさせる人がいます。

その心の内側にちょっと迫ってみましょう。

 

 

  • ちょっと、あんまりきれいな話ではありませんが
    • 歯にものがはさまることがある
    • 違和感を覚えて、なんとか取ろうとしてみる
    • 取れないとあきらめる、そうすると違和感が減る
  • 「奥歯にもののはさまったような言い方」という表現
    • 思ったことをはっきり言わず、ぼかしたり、ごまかしたり
    • 意識して隠したいことがあると、それがやっぱり形に現れる
  • 自分の中で整理がついていないから、身構えたり、不安になったりする

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください