0549 イエス・キリストの名言(14)「兄弟に『能無し』というようなものは」

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2019年3月28日木曜日、第549回目の放送です。

 

毎週木曜日は、イエス・キリストの言葉を紹介しています。

この方の言葉は、はっとさせられたり、深く考えさせられたりします。

今日の言葉も、えっと驚かされるものです。

その言葉の意味をご一緒に考えてみましょう。

 

「兄弟に向かって『能なし』と言うような者は、最高議会に引き渡されます。また、『ばか者』と言うような者は燃えるゲヘナに投げ込まれます。」
マタイの福音書5章22節

 

 

  • 山上の教えの中のイエス・キリストのことば
  • 仲間を悪く言う者は、重大な犯罪を犯しているかのように、神の深刻な裁きがあるかのように
  • 「それがダメなら、私は全部ダメだ」=程度の問題
  • キリストの言葉の真意は、「本来どうあるべきか」=方向性の問題
  • 私たちに問いかけられるとき、ふさわしい方向を向くことができる

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください