0371 間違いを犯さないことより、ずっと大切なこと

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年7月23日月曜日、第371回目の放送です。

 

勘違いをしたら、すぐに素直に認めよう、というお話です。

 

 

ホームセンターのセルフレジで

先日、カインズというホームセンターに買い物に行きました。この頃のお店は、セルフレジがありますね。お店の人にやってもらうのではなくて、自分でピッとスキャンをして、お金を払う、というあれです。カインズのセルフレジでは、一番初めに会員カードをスキャンしてください、となっています。カードだったり、あるいはスマホのアプリだったり、それをピッとスキャンして、会員カードの番号を入力します。

私の前の人が、一生懸命に会員カードをスキャンしているわけなんですけれども、一向にうまくいかないんですね。その人もイライラし始めました。機械に文句を言って、八つ当たりしているんですね。お店の人が来たら「うまくいかないじゃないか、ちゃんとやってるのに」みたいな感じで、イライラしてるわけですよ。お店の人が「ちょっと見せてください、おかしいですね」みたいに、ていねいに対応するんだけれども、うまくいかない。なんか、場の空気が悪くなりました。

 

「お客さん、そのカード…」

で、結局、原因がわかったんです。どうしてダメだったかというと、ここはカインズなんですけど、前の人はニトリのカードをスキャンしてたわけです。これでは、うまくいくはずがない。「お客様、これニトリさんのカードです」と店員さんがいうと、前のお客さんはすごくバツが悪そうでした。

でも、「ごめんなさい」とひとこと言ってくれたので、まわりの空気も和んで、よかったな、と思いました。自分のミスを認めないで、イライラし続けることもありえるじゃないですか。人のせいにし続けたり。でも、ひとこと謝ってくれたおかげで、なんかいい出来事というか、私も番組のネタにできましたしね。

 

自分の勘違いを認めること

自分のミスや勘違いを認めるのって、結構難しいことです。でも、それを「ごめん」と認められるのは、とても大切なことです。たぶん、間違いを犯さないことよりも、大切なこと。間違いを犯さないよりも、犯した間違いを認めることのほうが大事です。

私も、この時期になると、いつも思い出します。夏という漢字。私は、ずっとあの上の部分が「百」だと思ってたんです。夏休みを夏体みって書かないように気を付けてたら、実は夏の漢字のほうが間違ってた、なんてことがあって、指摘されたときは本当に恥ずかしかったですね。なんせ、小学生から40近くまで、ずっとそうやって書いてきましたから。

ほかの人には知られたくない、という気持ちがすごく強かったです。こんな恥ずかしい間違いをしたていた、知らなかったなんて、やっぱり自分が認めづらかったんでしょうね。でも、今はこうして笑い話にすることができるようになりました。自分の間違いを認めることができれば、自分も周囲も楽になりますし、それがいいんだろうな、と思います。

 

あなたにも、勘違いのエピソードがありますか。ぜひ、教えてください。みんなでいっしょにクスッと笑って、笑い話にしてしまいましょう。

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
四代続くクリスチャン家系に生まれ、人の役に立つ生き方を志し、キリスト教牧師になる。 現代人の心に届く、わかりやすい聖書メッセージに定評がある。 モットーは「いつだってあなたのために」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください