0479 名曲「きよしこの夜」が私たちに教えてくれること

coverart

 

どうも、あなたのサーバント中澤信幸です。

 

2018年12月20日木曜日、第479回目の放送です。

 

もうすぐ、クリスマスです。
世界中でイエス・キリストの降誕が祝われます。
教会の礼拝では、クリスマスの讃美歌が高らかに歌われます。

今年も、世界中で歌われるだろう、あの曲のお話をしましょう。

 

 

  • 2018年のクリスマスは、「きよしこの夜」が作曲されて200年め
  • 「きよしこの夜」ヨゼフ・モール作詞、フランツ・グルーバー作曲のエピソード
    • クリスマスのキャンドル礼拝前、オルガンが不調になり、使えなくなってしまった
    • ヨゼフの詩に、ギターで歌える曲を、グルーバー-その午後に急遽つくった
  • 200年経って、いまや200近いことばに訳され、世界中でクリスマスに歌われるようになった
  • 作曲されたとき、200年続くように、世界中に広まるように作ったのではない
  • 長い間、作詞者、作曲者が忘れられてさえいた
  • よいものは、後の世代がさらによいものにして、残っていく
  • いま、できる範囲のことを、できる限りの力ですること、目の前の人のために

 

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

1 コメント on 0479 名曲「きよしこの夜」が私たちに教えてくれること

  1. katsu141 より:

    ギターの曲だったんですね。
    先日、ギターの音色で妻が引いたら、
    とってもマッチしていたのですが、
    お話を聞いて、納得しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください