0182 大学生が社会に出る前に経験しておくべきこととは?

coverart

 

どうも、早起き牧師の中澤信幸です。

 

2017年10月24日火曜日、第182回めの放送です。

 

社会に出るための準備としての教育について、お話します。

 

 

[note]

  • 教育におけるサーバントリーダーシップについて
  • 大学での一般教養科目は、社会での歩みにどういう準備として有効なのだろうか
  • 具体的な知識は、大学での学びでは不十分、現場に出てから
  • 大学時代に身につけることのひとつは、正しく問うことを覚えること
  • もうひとつは、奉仕し、奉仕される準備をすること
  • 曖昧で、混沌とした中で、対応していくことが必要だからこそ
  • 大学生になって、早い時期にそういう実践の場を与えられ、経験することができるように

[/note]

 

「あさのば」は、購読登録がおすすめです。

 

Subscribe to

働くみんなの朝の番組「あさのば」

Or subscribe with your favorite app by using the address below

大野キリスト教会牧師/コーチ/ポッドキャスター
About the Author
大野キリスト教会(神奈川県相模原市)牧師。学生のとき、友人の助けになれず無力感を味わう。苦い経験をバネに、生涯かけて神と人に仕える生き方を志す。「人生を楽に、面白がろう」をテーマに、伝える/つなげる/仕えるをスキルアップするブログ「のぶメモ」、平日毎朝の音声番組「あさのば」を公開している。目標は、みんなの牧師さんになること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください